【ノマド】軽量で安価。外での作業にオススメのノートパソコン

スポンサーリンク

ノートパソコン

オイラは専業のwebライターだから、家だけでなく外でも仕事をしなくちゃならない。この世界は作業量こそが絶対ですから。

だから外でも執筆できるように、サブPCを用意しなくてはならない。車の中でも執筆することが多いので、なるべく小さいほうがいい。

執筆作業がメインだからテキストデータさえ扱えればいい。最低限、メモ帳さえあればおkなわけだ。だから、どんなノートパソコンでも問題ない。だからオイラは格安のノートパソコンを選んだ。

他所様のサイトを色々見て回ってると、やたら高性能のPCを勧めていたりするよね。でも、外で作業するときって、そんなにPCに負荷を掛けるようなヘビーな作業なんてします?

流行りのyoutuberとかなら、外でも動画編集などをするのかもしれないが、普通のノマドワーカーはテキストメインの作業をする人がほとんどだろう。

つか、ノマドって久しぶりに使いました。ノマド族とか今や完全に死語って感じですね。全然聞かなくなりました。

つまり執筆環境とあとは調べ物さえできればいいわけだ。こんな作業に性能なんて必要ない。最近のノートパソコンならどれも十分すぎる性能を持っている。

作業場所

まずは外での作業場所について簡単に紹介する。

カフェ

最近のカフェはコンセントまで用意されていてノマドにとって至れり尽くせりの環境になっている。そういうカフェを利用すればノマドもしやすいはずだ。

図書館

場所によってはPCでの作業が禁止になっていることもあります。マナーを守って利用しよう。

漫画喫茶(インターネットカフェ)

個室で作業できるのが大きな利点。

自家用車を所有しているなら、車も立派な作業スペースになる。誰に気を使うこともない。

ノートパソコンの選び方

まずはノートパソコンの選び方のヒントを紹介します。とりあえず、ここを押さえておけば大丈夫でしょう。

バッテリーは大事だよ

色々見るべきポイントはあるが、絶対に駄目なことは中古のノートパソコンを買うこと。中古だとバッテリーが保証されないからだ。

家の中でコンセントを差しっぱなしで作業するならバッテリー持ちなんてどうでもいいが、持ち運びを考えたときは、バッテリー持ちはメチャクチャ大事な要素だ。

安さにつられて中古を買ったはいいが、バッテリーが使い物にならない状態だったということはよくあること。

そもそも、今のノートパソコンは新品でもお手頃価格のものがたくさんある。わざわざ中古を選ぶ理由はない。

ノートパソコンの容量は?

ノートパソコンの容量はOSがWindowsなら最低でも64GBは欲しい。メインで使うパソコンならともかく、サブとして利用するノートパソコンでは64GBもあれば十分だろう。

テキストメインの作業だと64GBでも十分すぎるほどの容量がある。もし、容量が足りなくなったらSDカードやUSBメモリなどを使えばいいだけだ。

ノートパソコンの重量は?

持ち運びを考えるなら軽ければ軽いほどいいです。現時点でのノートパソコンの平均的な重さを考えると、1.5kg以下のパソコンを選ぶのが現実的か。1.0kg以下のPCはまだまだ少ないです。

オススメのノマド向けノートパソコン

なるべく安いノートパソコンが欲しいのは分かりますが、サブ機として使うにしても、あまりにも安すぎるノートパソコンはオススメしません。

安かろう悪かろうはパソコンの世界だって同じです。スペックは貧弱ですし、見た目だってプラスチックの玩具みたいなのが多いからです。

特に3万円以下のPCはヤバイです。特にWindowsPCは止めておいたほうがいい。大抵、容量が足りなくてキツキツです。増設もできないのが多いですから、すぐに困り果てることになります。

子供に玩具としてあげるならともかく、大人が仕事で使うならもう少しまともなのを使いましょう。

かといって、無理に高いものを買う必要はありません。ほんの少し予算を足すだけで、それなりのノートパソコンを買えるので、それを使うのをオススメします。

5万円付近からまともになってくるのでそのクラスのノートパソコンを買いましょう。

Chrombook

最低限の作業しかしない人はChrombookがオススメだ。

ただし、Chrombookは普通のノートパソコンとは少し違う。インターネットの利用が前提のノートパソコンだ。

オフラインでも使えるアプリはあるが、基本的にネット環境は必須である。

ChromebookはWindowsのように幅広い使い方はできない。でもその分、起動も早いしサクサク動く。

個人的にASUS製のChromebookをオススメしておく。安くて軽くて頑丈でバッテリー持ちもいい。持ち運びに必要な要素がすべて含まれている。

レビュー記事があるのでリンクを張っておく。

【レビュー】ASUS製Chromebookは軽くて使いやすい【C101PA】
今回はASUS製のクロームブックについてレビューします。 クロームブックは少しだけ特殊なノートパソコンなので、まずは簡単に説明しますね。間違えて購入されて後悔させたくないでし。 すでに知っている人は飛ばしてください。 ...

私はChrombookでエバーノートを使って主に記事の下書きをしている。これは別にエバーノートを勧めているわけではない。ずっと使っているから腐れ縁的に今も使い続けているだけである。

とりあえず、Chromebookでもエバーノートは使えるとだけ言っておく。

【キングジム】ポメラ DM200

執筆作業だけしかやらないなら、こういう物もあるぞ。キングジムのポメラだ。少しマニアックなので初めて聞く人もいるかもしれない。

これは完全に文章作成に特化している。縦書き対応で国語辞典や類語辞典も標準で付いている。更に日本語入力システムのATOKまでついている。さらにバッテリーはなんと18時間も持つ。

これでもかと文章作成をサポートしてくれるので捗ること記事を書くのも捗るはずだ。

なんというか、昔のワープロをみたいな感覚かな。印刷はできないけど雰囲気がなんとなく似ている。

アップロードしてクラウドサービスにデータを送ることまでできるのは今風ってかんじ。

他のPCのように色んな作業は出来ないので、執筆作業だけに集中できる。物書きにピッタリだろう。

ぶっちゃけマニア向けである。これより普通のノートパソコンのほうが便利でいいだろと思う人にはまったく向いていない商品だ。

【mouse】ノートパソコン MB11ESV 11.6インチ

これはmouse社のノートパソコンだ。OSはWindows10なので、どの場面でも安定して使える。価格のわりに高級感もあり指紋認証まで付いている。さらに軽くて薄いので持ち運びにぴったりです。

それと、ノートパソコンでは珍しいノングレア液晶なのが通好みで嬉しい。長時間作業する場合、ノングレアのほうが目に優しい。それに自分の顔が映り込むのが嫌な人もいるだろう。

個人的にこのノートパソコンを一番オススメするが、少し気をつけないといけないポイントもある。

それはUSB3.0 Type-Cだということ。これはお世辞にもまだ一般的とは言えないので、使い勝手が悪い。あと、キーボードも少し変則的で慣れるまでは使いにくいかもしれない。

それでもこの価格でこの品質はかなりお買い得感がある。オススメ。

ノートパソコンの他に用意しておきたいもの

モバイルバッテリー

常にコンセントがある場所で作業できるならモバイルバッテリーは不要ですが、そうでないときは用意しておいたほうが安心です。

ノートパソコンのバッテリーがなくなったときにも、これがあれば作業ができます。ただし長時間の作業は無理なので、緊急用のスペアとして使うようにしましょう。

AC電源に対応したものを選びましょう。

車用簡易テーブル

車の中でノートパソコンを使う人は必須です。これがないと作業できないと思います。私も持っていますが便利ですよ。ただし、車が狭いと少し窮屈かも。

モバイルルーター

外でノートパソコンを使って仕事をする場合、ネット環境があると便利です。特にChromebookを使う人は必須級かも。

たまに作業をするだけなら、スマホのテザリングを使えば問題ないが、本格的に外で仕事をしていくとなると、どうしてもテザリングでは足りなくなってくる。

そこでモバイルルータの出番です。

モバイルルータはWiMAXをオススメします。理由はモバイルルータとして問題なく使えるし、キャッシュバックが高額だからです。

スマホではもう出来なくなってきている、キャッシュバック戦法がいまだに有効なので、2年ごとに別の会社に変えていけば、お得に使い続けることができるのだ。

最後に

最期にまとめます。

個人的にChromebookがオススメ。Chromebookとモバイルルーターがあればどこでも仕事ができます。