【詐欺?】投資などの稼ぐ系情報商材の矛盾を暴露する

スポンサーリンク

投資やお金に関する情報商材が人気がある。

ここで扱う情報商材とは分かりやすい情報商材だけでなく、有料サロンや有料記事やメルマガなども含めることにする。

残念なことにそれらには詐欺が多い。詐欺以前にそもそも矛盾が多い。その矛盾を説明していこう。

矛盾その1

矛盾その1。なぜライバルを増やすのか。

これが数百万円とかで教えているならまだ話は分かる。実際は、高いと言われる情報商材でも数万円レベルが多いし、noteに至っては1000円ほどだ。

なんでそんなショボい金額で自分で生み出した魂のネタを教えてんの?

例えばFXの情報商材を扱っている人たちは、面白いことに億トレーダーだらけである。

そんな人たちが、なぜ今更1000円のnoteを必死で売りつけようとしてるのか。運営に手数料としていくらか取られるから、実際の報酬は数百円ってこところか。

億稼ぐ連中が数百円の報酬で全力を出すか?

しかもライバルを増やしてまで。なぜ格安で教えてライバルを増やしてんの?

それとも、ただの情報商材屋に成り下がったから情報を教えても痛くないの?

ほんと不思議です。

彼らの矛盾その2

教えているやり方をちゃんとやれば○○円稼げますと断言しちゃってること。

どんな分野でもそうだが、100%成功できる方法なんて存在しません。

例えば、大手企業の商品はほとんど失敗に終わります。個人なんて到底太刀打ちできないほどの資金と人員が揃っている大企業ですら失敗だらけなのだ。ライバル企業がたくさんいる思ってるとおりには売れないのだ。

それはFXも同じ。ライバルがたくさんいる。

だから確実に稼げる情報なんてないんだよ。誰がやっても稼げるとかそんな錬金術がこの世に存在するわけない。

自分の努力で培われた知識と経験が一番の情報です。

矛盾その3

情報商材は詐欺が多い分野だ。消費者庁によると、最近は仮想通貨の詐欺が多くなっている。

投資や仮想通貨で大金を稼いでいるはずの彼らが、なぜわざわざ胡散臭い情報商材の道に入ってくるのか。

そんなことしなくても投資でまっとうに稼げばいいではないか。

情報商材の詐欺については消費者庁のサイトなどで事前に勉強しておくべきだ。この手の情報商材詐欺は本当に多いので気をつけたほうがいい。

情報商材アフィリエイター

情報商材アフィリエイターの存在にも気を付けないといけない。

彼らはポジショニングトークを駆使して、自分の売りたい情報商材をたくみに売りつけようとしてくる。

情報商材の報酬は高額なため、彼らはあの手この手を使って必死で売り子になるのだ。

「私はこの情報商材で稼ぎました!」と言っても真に受けるなよ? 間違いなくその商材を売りたいだけなんだからね。

そもそも情報商材を売りつけようとしているサイトなんて最初から見ないほうがいい。そいつらのカモになるだけだぞ。

最後に

断言する。投資で稼ぐすべての情報はもう世の中に出揃っている。裏技的な情報なんて存在しない。

それでも情報商材を買うやつは情弱と言っているようなもんだ。

情弱は投資で稼ぐのは無理。

自分で勉強して、自分で情報を集めて、自分で考えて、自分で責任を持つことができる人間だけが投資で成功できるのです。

投資で世界的に成功している有名な人達は情報商材なんてものには頼っていない。情報商材や有料マガジンを買って成功した世界的投資家なんて聞いたこともない。

みんな、そんなものには頼らないで、自分で勉強して自分で考えて取引しているのです。皆様は情報商材に騙されないように気をつけてくださいね。