Mr.Evineの英文法ブリッジ・マスターコースのレビュー

英文法をやり直したいと思ったので、Mr.Evineの英文法ブリッジコースとマスターコースを購入した。

この両本はいまいち人気がないようで、マスターコースに至っては話題に出しているブログがほとんど見当たらないほど利用者がいない。

利用者は少ないがどちらもなかなかいい本だ。特にブリッジコースのほうは良本である。どのような内容の本か順番に紹介していこう。

mr.evine

Mr.Evineの英文法ブリッジコース

ブリッジコース

【Mr.Evineの英文法ブリッジコース】
  • 著者:Mr.Evine
  • 出版:アルク
  • ジャンル:英文法
  • ターゲット:中学の復習をしたい高校生・英語をやり直したい社会人

 

ブリッジコースはこの一冊で中学修了レベルと高校英語の基礎が学べる本となっている。

ブリッジコース

このようにひとつの項目ごとに中学レベルと高校レベルの英文法をじっくりと教えている。

基本の中学英語をしっかり復習させて、その応用として高校英語を教えているわけだ。この進め方はとても効率的であると思う。人気のフォレストと似たような形である。

説明もなかなかこなれていて分かりやすい。問題も豊富なのでしっかりやり遂げれば英文法の基本はマスターできるだろう。

Mr.Evineの英文法マスターコース

マスターコース

【Mr.Evineの英文法マスターコース】
  • 著者:Mr.Evine
  • 出版:アルク
  • ジャンル:英文法
  • ターゲット:高校生・英語をやり直したい社会人

 

現在はブリッジコースをしているので、マスターコースのほうはあまり手を付けていない。軽く読んだ程度である。

こちらもブリッジコースと似たような構成になっており、項目ごとに高校修了レベルと大学入試レベルを教えている。

マスターコース

英文法が苦手は私にとって、マスターコースの問題はなかなか難しい。特に発展問題は骨がある。

この問題をしっかり解けるようになれば、英語特有の微妙な使い分けをマスターできそうである。

英作文などで細かいミスも減りそうだ。

 

まとめ

ブリッジコースとマスターコースに共通しているのは、問題が豊富であること。問題の解答には詳しい説明が付いているので独学もしやすい。インプットとアウトプットを繰り返すことで使える英語がしっかり身につく。

Mr.Evineといえば「中学英文法を修了するドリル」が有名だと思うが、私は「ブリッジコース」をオススメしたい。

これから英文法を学んでいくなら高校英文法をやらない理由はないので、ブリッジコースを使って高校英文法まで一気に学んでしまえばいい。

説明自体も「中学英文法を修了するドリル」よりも分かりやすいと個人的に思う。

英語をやり直したい社会人の場合、マスターコースまではやらなくてもいいだろう。ブリッジコースをしっかり覚えれば英文法の学習は十分である。