【ブラック】過酷すぎるコンビニ裏事情!それでもコンビニやりますか?

スポンサーリンク

すっかり日本の生活に溶け込んでいるコンビニ。24時間いつでも商品が手に入るのはたしかに便利だ。コンビニなしの生活はありえないという人もいるだろう。

とても便利なコンビニだが、経営をしていくのはメチャクチャ大変だということをご存知だろうか。最近、ブラック企業の話題をよく聞くようになってきたので、知っている人も多いかもしれない。

特にオーナーが大変。オーナーといえば聞こえはいいけど、実際はコンビニ本部の奴隷のようなもの。コンビニの本当のお客様はオーナーと皮肉られるほどである。

コンビニのオーナーになって店長を雇ってあとは優雅に不労所得!なんてことはできないわけだ。それなりのお金を払わないと店長なんて誰もやってくれないから、余裕が無いと店長を雇うなんてなかなかできない。

結局、店長兼オーナーとして毎日のように働くパターンが多い。

コンビニはあまり儲からない?

簡単に儲かるようなうまい話なんてない。それはコンビニも同じだ。

月に200万円の利益があるとする。半分近くは本部にロイヤリティーとして持っていかれる。

残り約100万円。そこから店の維持費と人件費が引かれる。

人を雇えば雇うほど利益は減っていくので、利益を増やすために長時間自分で働いてるオーナーが多い。

しかし、月200万の利益なんてうまくいっているコンビニの話である。

儲かっていないコンビニだってたくさんある。

生活が苦しいから毎日廃棄弁当食べているとか笑えない話も普通に聞く。

儲かっていても安心できない

たくさんお客さんが入って儲かっていても安心はできないのがコンビニ。

あるコンビニにたくさんお客さんが来ているとする。

するとどうなるか。

その店のすぐ近くに同じ系列のコンビニを立てるのだ。もちろん空き地があればの話だが。

なんでそんなことをするのか。これは別にオーナーに意地悪をしているわけではない。

ライバルのコンビニに先を越されないようにするためだ。

すでにその場所は儲かると分かっているわけだから、いつかは他のライバルのコンビニに目をつけられてしまう。

ライバルのコンビニが近くにくると、当然儲けが減ってしまう。

だったら、自分のところのコンビニを立てたほうがマシってことになる。

オーナーとしては堪ったものではない。近くにコンビニを立てられると当然、お客は減るので売上は下がってしまう。

この問題は難しい

でも、この問題は難しいところでもある。もし同系列のコンビニが近くに立てるのを禁止したところで、他の系列のコンビニが来たらどちらにせよ、そのオーナーの売上は減ってしまうわけだ。

他のライバルだって調査をしているのだから、人気のあるコンビニがあればオコボレを狙って、近くにコンビニを建てるだろう。

バイトテロ

なけなしの利益で人を雇っても、おバカなバイトがくることもある。一時期、バイトテロが問題になったことがありましたよね。今もたまにみます。

バイトが問題を起こしたら店を特定されて晒し上げられる。そうすれば売上にも問題が出てくる。馬鹿なバイトが問題起こして、さらに売上まで減ってしまう。

まさに踏んだり蹴ったり。家族で経営するコンビニが増えているのも分かるような気がする。

今回のまとめ!

コンビニで稼ぐのは簡単ではない!