免許更新の視力検査で落ちたのでガボール・アイをやってみた

免許更新の視力検査で落とされてしまった。視力が悪くなってきていた自覚はあったが、まさか落とされてしまうとはショックだ。

地方在住なので車がないと不便極まりない。なんとかして視力検査をパスしないと。考えられる対策は以下の通りだ。

目次

免許更新の視力対策

再検査を受ける

一時的な視力の問題が原因である可能性もあるため、再度視力検査を受けることを検討してください。しばらく時間をおいてから再度検査すると、結果が改善することもあります。

眼科医の診断を受ける

もし視力に懸念がある場合、眼科医の診断を受けることをおすすめします。視力が低下している原因や対処方法を専門家に相談することで、適切な対応ができる可能性があります。

視力矯正眼鏡の利用

もし視力が低下しているが、眼鏡やコンタクトレンズで視力を補正できる場合、再検査時に矯正眼鏡を着用して検査することを検討してください。

免許の種類を変更する

一部の地域では視力要件の異なる免許の種類があります。視力要件が緩やかな免許の種類に変更することで、免許を保持できる場合もあります。

代替交通手段を検討する

視力検査に合格できない場合、代替の交通手段を検討することも重要です。公共交通機関やタクシー、自転車など、自動車以外の方法で移動することができるかを検討してください。

私は視力を矯正する眼鏡を購入することを選んだ。生まれて初めてのメガネだ。

一般的な乱視対策

眼鏡屋で検査をしたところ、視力は0.5で乱視と近視まであるという。目が悪くなっている自覚はあったが、まさかここまで酷いとは思わなかった。眼科に行くことを勧められてしまったほどである。

だが、今は免許更新のための眼鏡を用意するほうが先だ。眼鏡を作るのには時間が掛かる。眼鏡って高いなあ。なんで免許更新のためにこんなものを買わないと行けないのか。本当に嫌になる。

乱視は、角膜や水晶体の形状による屈折異常が原因で、近くや遠くの対象がぼやけたり歪んだりする視覚障害です。乱視は一般的な近視や遠視とは異なるため、一般的な眼鏡やコンタクトレンズでは完全に治すことはできませんが、いくつかの方法で矯正することができます。

眼鏡やコンタクトレンズの使用

乱視の程度に応じて、専用の眼鏡やコンタクトレンズを使用して視力を矯正することができます。正しい処方を受けるためには、眼科医の診断と処方が必要です。

レーシック手術

一部の乱視の症例では、レーザーを用いて角膜の形状を修正するレーシック手術が適用されることがあります。ただし、手術の適応やリスクについては事前に眼科医と相談する必要があります。

角膜リングインサート(角膜リング)

乱視を軽減するために、角膜リングと呼ばれる特殊なリングを角膜に挿入する方法もあります。

ハードコンタクトレンズ

特殊な形状のハードコンタクトレンズは、一部の乱視を矯正するために使われることがあります。

矯正を避けるための対策

長時間のデジタルデバイスの使用や近くの対象を見続けることは、視力に悪影響を及ぼすことがあります。適切な姿勢と目の休憩を取ることで、視力の維持に役立ちます。

乱視は個人によって程度や原因が異なるため、治療方法も異なります。乱視を改善するためには、まずは眼科医に相談し、自分に適した治療法を見つけることが重要です。

ガボール・アイで視力回復できることを知る

自分なりに目について色々と調べていると「ガボール・アイ」というトレーニングがあることを知る。視力回復や乱視や近視までよくなるという。

これが本当にならまさに俺にピッタリの本だ。早速、ガボール・アイの本を購入。

眼鏡屋で聞いたのだが、普段からなるべく眼鏡を掛けて過ごすようにすれば、目や脳が眼鏡に慣れて、もっと見やすくなるのこと。眼鏡をしたままでトレーニングをすることにした。

眼鏡が完成した。早速、眼鏡をして「ガボール・アイ」のトレーニングを始める。免許更新の猶予はまだしばらくあるので、二週間くらいトレーニングをしてみた。

視力と近視が多少よくなった気がする。無事に免許更新が通った。

目が悪くなっている自覚のある人は、免許更新の前に「ガボール・アイ」トレーニングをすることをオススメする。効果が出るまで個人差があるようなので、できれば数ヶ月前からトレーニングしておいたほうがいいかもしれない。

目次