ミンサガ リマスターをGMGで安く購入したぜって話

スポンサーリンク

ミンサガ リマスターをGreen Man Gaming(GMG)で安く購入した。

Green Man Gaming

GMGは正規代理店なので何もやましいことはない。

仕組みをよく分からない人から見たら、なにやら怪しいストアだと思うかもしれないが、ここは大丈夫だ。メーカーを通して販売している正規ストアなので安心。要するに普通の小売業と一緒だ。

24.99ドルのところをクーポンを使って20.99ドルで購入した。現在のレートだと日本円で約3070円だ。5800円のゲームを3070円で買えるのは普通にお買い得だろう。

これなら許容範囲だ。

いい大人がケチくさいと思うだろうか。

リマスターされてるとはいえ、ベースはPS2時代のレトロゲームだ。PS2は三世代前のハードで、もはや買い取り拒否すらされている。その時代のゲームを6000円近くで売るほうがケチくさいだろう。

なんの疑問も持たずに買うような情弱が多いから、メーカーに舐められて、おま値なんてされるのだ。

注意点としては返金と日本語に関する部分だ。

Steamで購入したゲームは、条件さえ揃っていれば簡単に返金対応してくれる。しかし、私はGMGのような外部ストアで返金作業はしたことないので、よくわからない。もしかしたら返金されない可能性を視野を入れておいたほうがいい。

あとは日本語の部分だ。

GMGでの表記は日本語対応となっているが、日本語対応されてない可能性もある。もし返金されなかった場合、英語でプレイすることになる。ストーリーのあるゲームを英語でプレイするのはハードルが高いため、おそらく挫折する人が多いと思われる。

リスクを考えて購入しよう。でもまあ、そんなトラブルは最近聞かないし、多分大丈夫だと思う。

ミンサガ リマスターはかなり期待されている

ミンサガ リマスターの前評判はとても高い。カジュアル勢にも配慮しつつ、やりこみ要素もしっかり追加されているらしい。

俺はミンサガの情報を追っていないので詳しいことは分からないが、こんなに期待されてるリマスターは珍しいのではないか。

サガシリーズのファンはコアゲーマーが多い。そんな彼らがここまで期待しているのだから、おそらく大丈夫だろう。

もちろん実際は蓋を開けてみないと分からない。でも、たとえクソゲーだとしても3000円なら諦めることができる。

PS2のミンサガは一応プレイ済みだ。

ただし、そこまでやり込んでいたわけじゃない。たしかグレイでクリアしただけ。話も完全に忘れている。攻略なども一切みたいで新規のつもりで遊ぼうと思う。攻略を見ながらプレイすると一気に作業感が出てくるからな。

アクティベーションキーが公開されるのは配信日だ。Steam版の配信日は2022年12月2日なので、それまでタクティクスオウガ リボーンでもやりつつのんびりと待つとしよう。