風来のシレンは運ゲーである

スポンサーリンク

シレンなどの不思議のダンジョン系のゲームを運ゲーと呼ぶと、なぜか怒られる。

運の要素は確実にあるのだから、そこまで否定しなくてもいいのではと思うのだが、全力で否定される。

欲しい装備やアイテムがまったく落ちないとか、序盤で敵に囲まれるとか、自分の実力ではどうしようもないことはザラに起こる。

運の要素があるのは確実である。

その運ゲーを自分の知識や経験などで少しでも実力ゲーに変えていくわけだ。だが、いくら上手くなっても完全な実力ゲーには絶対にならない。運は最後までつきまとう。

運の要素で左右される部分が少しでもあるのなら、それは運ゲーである。

極論だと思うだろうか?

いや、運ゲーを認めない人のほうが極論である。

落ち着いて考えてほしいのだが、

  1. 運の要素があるから運ゲー
  2. 運の要素があるのに運ゲーでない

どちらの主張が真っ当だと思うだろうか。どう考えても1の主張のほうが筋が通っているだろう。

シレンには運の要素自体がまったくないと言ってくる人は、さすがにエアプ認定をせざるをえない。

実力で運の要素を少しでも減らすことは出来るが、基本は運ゲーなのである。

理解していただけただろうか。