【ENDER LILIES】実績を解除したので感想を書きたい

スポンサーリンク

ENDER LILIESをクリア。全エンディングを見て、実績も解除したので感想を書きたい。

面白かった。2000円台で買えるゲームとしてはかなり面白かった。Steamにはメトロヴァニア系のゲームはたくさんあるが、間違いなく上位に食い込む面白さである。

世界観も素晴らしい。音楽やデザインなど雰囲気がよく出ている。最初にプレイしたとき、ボイスないのかよと思ったが、最後までプレイしてみると、ボイスがないのが世界観を引き立てている感じすらしてくる。

肝心のアクション部分もキビキビ動いて面白かった。ボス戦や探索もなかなか楽しかった。

ボリュームは普通かな。俺の場合は33時間で、すべてのエンドを見ることができた。アクションならこんなものだろう。

とても丁寧に作られたゲームであると思った。バグもほとんどなかったし。

ボスとの再戦ができればいいなあと思っていたが、無料アップデートで付いた。他にも望まれていた追加要素がたくさん付いた。この追加要素により、まだまだ遊べるようになった。

この系統のジャンルが好きなら強くオススメする。Steamのタグに、ダークソウル系や高難易度とか付けてあるが、ダクソのように難しくないので安心して欲しい。

誰にでも広く遊べる難易度だと思う。一部のボスには少し苦戦するかもしれないが、それでも慣れれば倒せるはずだ。

実績も全部解除した。実績の難易度は割と簡単だった。ヌルゲーマーでも簡単に解除できる難易度だ。

おそらく、コレクターか果ての巫女が最後になるかも。果ての巫女はレベル100にするだけ。コレクターはすべてのレリックを集める。俺の場合はコレクターが最後になった。あちこち探索していたら勝手にレベル100になってしまった。

続編が出たら確実に買う。ここの開発のゲームなら次も買うかも。このゲームの開発はLive Wireというところだが、ここは元ネバーランドカンパニーの人が作った会社らしい。

ネバーランドカンパニーとは、ルーンファクトリーやアスカ見参やシャイニングフォーススネオを開発した会社だ。アスカもスネオも大好きなゲームなので、ENDER LILIESも好きになるのは当然なのかもしれない。

これらのゲームが好きな人なら波長があるかもしれないので、購入してみては。