【FX名著】トレンドフォロー大全が凄かった。勝ちたいなら黙って読め

スポンサーリンク

トレンドフォロー大全 上げ相場でも下げ相場でもブラックスワン相場でも利益を出す方法 (ウィザードブックシリーズ)

  • 著者:マイケル・W・コベル
  • 翻訳:山口雅裕
  • 出版社‏ : ‎ パンローリング株式会社
  • 発売日 ‏ : ‎ 2019/2/17
  • 単行本 ‏ : ‎ 990ページ

トレンドフォロー大全を読んだ感想

トレンドフォローという手法は日本の有名な投資家も使っている信頼性のあるものだ。

名著の古本は値下がりしない

次の画像を見て欲しい。

発売されて2年以上も経つのに、古本の値段が下がっていないのが分かるだろう。これは名作の証だ。駄本ならすぐに値下がりする。

本書の欠点

この本にも欠点はある。

それは読むのが大変ということだ。990ページという特大なボリューム。これだけで読むのが大変だと分かると思うが、それ以上に大変なのは、この本の大きさである。普通の辞書よりも大きな本なので、気軽に持ち運んで読むなんてことはできない。書店で見ればすぐに分かる。大きすぎて投資のコーナーで異彩を放っている。

そこで、読むならKindle版をオススメする。私もKindle版を購入した。投資の翻訳本は読みにくいことが多いが、この本の翻訳は読みやすいので安心して欲しい。

次の欠点は価格だ。8,000円以上もしている。これは書籍としては高額なので迷う人も多いだろう。だが、FXで稼ぐための投資だと思えば安いものだ。

最後に

言うまでもないことだが、どんなに優れた本でも読んだだけでは勝てるようにはならない。それは、この本も一緒だ。知識を学び、実践と検証を繰り返して、自分自身が納得してトレードをすること。そうすることで初めて勝てるようになる。本気で勝ちたいなら努力が必要不可欠だ。