Kindle出版はEPUB形式で作るのが最強

スポンサーリンク

Kindle出版(KDP)はEPUB形式に対応している。EPUBはAmazonが推奨している形式のひとつである。ちなみに、Kindle自体のファイルはmobi形式となっている。

KDPに対応しているファイル形式とKindleのファイル形式は違うってこと。ややこしいですね。

EPUBをオススメをする理由

このEPUBは、我々Webの住人にお馴染みのhtmlやcssが使われている。EPUBの中身はWebサイトと同じような構造をしているので、少しでもHP制作をかじったことのある人には楽勝だろう。

Kindle出版は、Wordなどを勧められることが多いが、Wordでは自由にデザインができない。EPUB形式なら、自由にデザインができる。縦書きも簡単にできるのだ。

なんでもいいから、Kindle出版をしたいという人はWordでもいいかもしれないが、本格的にKindle出版をしていきたい人はEPUBのほうが絶対にいい。

俺は個人出版されたKindle本をよく読むのだが、バグっているのをたまに見かける。ああいうのはEPUB以外のファイル形式で作られたものだと思う。EPUBを作成する海外の有名なツールがあるのだが、それを使えばどこに異常があるのかすぐに分かるからだ。

俺はこのツールを使って執筆しているのだが、Wordのような校正機能がないのが不便。海外のフリーソフトに日本語の校正機能を求めるのは無理があるか。

校正ツールのためだけにWordを買うのもなあ。オンラインのWordはご丁寧に校正ツールが外されているから使う意味ないし。正直、Wordなんて大して必要とは思えないが、強力な校正機能だけは魅力的だ。Kindle出版に手応えを感じたら、Wordの購入を検討しようと思う。

Kindle出版が完成させられない

Kindle出版の執筆は慣れない。ブログならスラスラ書けるのに、Kindle出版だと、なかなか書き進められないのだ。電子書籍は、それなりに文量が必要だから、書いてる途中で飽きてしまう。飽きて違うテーマで書き出してしまうので、なかなか完成しないのだ。

Kindle出版は文量に決まりはないので、短くてもいいのだけど、あまりにも短いと辛辣な悪評がつけられて、読まれなくなる可能性がある。俺も中身のない本なんて読みたくないしな。

早く完成させて俺もKindle作家の仲間入りだ