馬鹿にならない本代を節約する方法。本を買うのはもはや情弱のすること

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

本代を節約する方法

私は読書を嗜んでいるが、なかなかどうして本代も馬鹿にならない。それでも本を買ってきたのだが、最近、本を買うのが馬鹿らしくなってきた。

お金を出して本を買うのが、もはや情弱になりつつある。

なぜなら、今はYou Tubeを見れば本の内容が分かるのだ。動画で本を要約してくれるので、水増しされた書籍を読むよりはるかに分かりやすい。

しかも無料で!

これを利用しない手はありません。

素晴らしい時代だ。もう本を買わなくてもすむ。今は無料で本を読む時代なのだ。

法律的に問題がないのか心配になる人もいるかもしれないが、法律的に問題があるなら、中田敦彦氏の動画は完全にアウトになる。

でも実際は超がつく人気コンテンツである。

あれだけの人が見ているコンテンツを出版社の人間が知らないわけがない。つまり、本の内容を紹介する動画は出版社も認めているわけである。

というか、Amazonの商品ページにも中田敦彦氏に紹介された本と書いてあるくらいだからね。我々は堂々と堪能すればよいのだ。

素晴らしいコンテンツを作ってくれるYou Tuberたちに感謝です。

でも、You Tubeで紹介されている本は一部しかないのでは?と思われるかもしれない。そこで、適当な本をYou Tubeで探してみた。

  • fire 最速で経済的自立を実現する方法
  • 父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え
  • ファクトフルネス
  • 敗者のゲーム
  • 影響力の武器
  • 「リスクを生きる」人だけが知っている人生の本質
  • シン・ニホン AI×データ時代における日本の再生と人材育成

これらは、Amazonの欲しい物リストに入っている本である。なんと、これらすべての本がYou Tubeで紹介されていたのだ。

You Tuberたちは想像以上に多い。それなりに売れている本なら誰かしら内容を紹介しているのだ。

ただし、紹介されてない本も当然あるだろう。でも、そういう本は無視してもいいと思う。

動画になっていないということは、その本は需要が少ないと判断されているわけだ。つまり、その程度の本ということ。

出版されたばかりの本は除いたほうがいいかもしれません。

You Tuberたちは当然ながら再生数を意識している。需要についてシビアに考えているはずだ。まったく興味の持たれない本を紹介しても時間と労力の無駄であろう。

何にせよ、今はYou Tubeで本の内容が無料で分かるのだ。これを活かさない手はない。

本がますます売れなくなる可能性があるが、それはYou Tuberたちに文句を言うべき問題。私たちはユーザーは利用できるものを利用するだけだ。

書籍代を節約して貯金や投資に回そう。これが今のトレンドなのだ。

今後、出版される本は少なくなっていくかもしれない。娯楽の本は残るとしても実用書やビジネス本なんかは、動画のほうが分かりやすく説明できるだろう。

それに本を執筆するよりもYou Tuberになったほうが稼げるのではと思う。

本を出すのって思ったよりも稼げない。だから乱発する作家が多いのだ。似たような内容で何度も本を書いてる作家を見ると必死だなと思う。こうしないと稼げないのだ。

気になる本があればYou Tubeで検索!