幸せ力を伸ばせば誰でも幸福な人生を送ることができる

スポンサーリンク

あなたは今幸せですか?

もし、自分が幸せでないと感じているなら、この記事をぜひ最後まで読んで下さい。あなたの考えが変わると確信しております。

幸せ力とは

私は以前から主張していますが、現代人の必須スキルに「幸せに生きる力」というものがあると思うのです。

いわば「幸せ力」です。

日本人は幸せ力の低い人が多いのではないでしょうか。

世界幸福度報告というものがあります。

簡単に言えば、国ごとの幸せ度ランキングです。これは毎年発表されているものです。日本は経済大国でありながら、幸福度ランキングはいつも低いのです。去年はなんと58位でした。これはこれまでの日本の最低記録です。

実際に日本で暮らしていると、このランキングの信憑性は高いように思います。

例えば、日本は自殺者や鬱病者などが多いですよね。

他にもイライラしている人が多いのか、ネット上ではネガティブなワードや誹謗中傷などがいつも飛び交っています。

少しでも気に食わないドライバーがいると、無茶な煽り運転をする余裕のないドライバーも多いですよね。

幸せに生きている日本人は少ないように思えます。

私は日本人の幸せ力を上げたいと本気で考えています。そのために、この記事を書いています。

幸せ力を上げる秘訣

底辺・貧乏・下流・負け組・独身・孤独など、ネガティブな言葉が多種多様にあります。特にネット上では、これらの言葉が頻繁に使われています。

まるで不幸の象徴のように扱われていますよね。

では、これらに当てはまる人は本当に不幸なのでしょうか?

例えば、小学生を例に上げてみましょう。

小学生にも経済格差はありますが、お金持ちの子供以外は全員不幸なのでしょうか。自由に使えるお金が少ないと不幸になるなら、ほとんどの子供たちは不幸になるはずです。

私は裕福な家庭ではありませんでした。小学生の頃は僅かなお小遣いだけで、やりくりをしていました。

それでも私は特に不幸だとは思いませんでした。

友達からゲームや漫画を借りたり、逆にこちらが貸してあげたりして、工夫して毎日を楽しんでいました。

思い返してみると宝物のような時間でした

これは私が特別な人間だからというわけではありません。ほとんどの小学生は他人と比較することなく楽しく生きています。

さて、ここで重要キーワードが出ました。「他人と比較することなく」の部分です。

幸せ力を伸ばしたいなら、他人と比較することを止めることです。

他人と比較して生きていたら、いつまでもたっても幸せ力は伸びません。日本人の幸せ度ランキングが低いのは、ほとんどこれが原因です。

他人と比較だけでなく、不幸の原因となっているものは、もうひとつだけあります。

それは同調圧力です。

  • 他人の顔色を伺う
  • ノーと言えない
  • 和を乱すのを極端に恐れる
  • 自己主張が下手
  • 空気を読む

日本人はこれを人一倍大事にする民族なのです。この同調圧力で幸せになれているなら、それでもいいのですが、実際はこの有様です。

こんな文化は害にしかなっていないと言い切っていいでしょう。

まとめ

それでは最後にまとめます。

日本人の幸せ度は低い。幸せ力を伸ばせば誰でも幸せになれる。

幸せ力を上げたいなら、

  • 他人と比較することはやめよ
  • 同調圧力の文化を捨てよ

以上です。