ウォーキングを始めたいすべての大人たちへ

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

ウォーキングを始めたい

私はウォーキングが趣味で、もう10年くらい続けている。とはいえ、毎日頑張っているわけではない。

天候が悪いときや調子の優れないときなどは遠慮なく休む。我ながら良い距離感でウォーキングと付き合っていると思う。

今回はそんなウォーキングについて語りたい。

ウォーキングのメリット

ウォーキングが健康に良いのは広く知られている。ウォーキングが体に悪いなどという人間はもはやいないだろう。

特に、デスクワークや運動不足の人にとって、ウォーキングは計り知れないメリットがある。経験上、自信を持って言える。

健康が手に入る

ウォーキングが健康にいいのは、もはや言うまでもないだろう。糖尿病や高血圧などの生活習慣病だけでなく、腰痛や鬱病なども改善されていく。

軽い運動は疲労回復にもなる。さらには不眠症や鬱なども治る。

腰痛で悩んでいる人は歩くことをオススメする。私は座りっぱなしで腰を痛めたことがあったが、歩くようになったらいつの間にか腰痛が治っていた。

まさに万能薬である。

言うまでもないが無理はしないこと。じっくりと続けていけば、2ヶ月くらいで効果を実感するはずだ。

ウォーキングをすると賢くなる

走ったり歩いたりを続けていると、脳の一部が発達するという研究があった。物覚えなどがよくなるのだ。

ウォーキング学習で健康と知識を手に入れよう
私は健康のためにウォーキングをしているのですが、そのときに英語の音声を聞きながらウォーキングしているのです。学習をしながらウォーキングをしているわけですね。 長文英語の音声を聞いてブツブツ呟きながら学習しています。外に聞こえると恥ずか...

認知症予防になる

歩くと認知症予防になると言われている。毎日よく歩いている民族を調査したところ認知症が少なかった。

長生きができる

体力が付いて健康になるだから、必然的に長生きができるようになる。ウォーキングは転倒予防にもなるので、転んで怪我をする確率も低くなる。認知症予防にもなるのだから、幸せな老後を送ることが出来る。

歩くスピードが速い人ほど、長生きが出来るという統計が出ている。だが、嫌々歩いても逆効果なのは言うまでもない。大事なのはウォーキングを楽しむこと。

よりより人生を歩める

以前、活動量計を利用した調査で、

  • 年収が高い人は歩行速度が速くて歩数も多い
  • 貧乏な人は歩行速度が遅くて歩数も少ない

ということが分かりました。

他にも歩幅が小さい人は認知症になりやすいなどもあります。歩き方だけで、ここまで色々と分かるなんて興味深いです。

ウォーキングの種類

ウォーキングにも種類がある。私はどれも経験がある。私のように色々やらなくても、普通のウォーキングを続けるだけでも十分だ。

ウォーキング

まずは普通のウォーキング。キビキビと自分のペースで歩くだけ。運動不足なら最初はゆっくりでもよい。少しずつ速度を上げていこう。ウォーキングはこれだけでやっていれば十分な効果がある。

ノルディックウォーキング

両手にスティックを持って歩く。たまに歩いている人を見掛ける。正しいやり方でやるとかなり疲れるぞ。久しぶりにやると腕や背中が筋肉痛になる。

膝の負担を減らす効果もある。スティックを付いて歩くだけでもいいが、それだと効果は薄い。

インターバルウォーキング

早足と普通の歩きを交互に繰り返す。体の負担を抑えながら、効果的に運動することが出来る。最初は3分おきに繰り返すのがいいだろう。

インターバルウォーキングをするときは、このタイマーを使えば便利だ。

タバタ式トレーニングなどに使える便利な多機能タイマー
記事のタイトル通りですが、トレーニングをするときに、自動で繰り返し音が鳴るブザーが欲しいなあと思ったわけでございます。 スポーツジムにあるような30秒に設定したら30秒ごとにブザーがなるやつです。 このタイマーの使いみちですが、...

水中ウォーキング

一時期、私は水中ウォーキングをしていたことがあった。太っていたため、膝の負担を少なくするために、室内プールに通っていた。でも高齢者が多くて、歩くスピードがみんな遅いんだよな。邪魔なので行かなくなった。

歩く瞑想

その名の通り、歩きながら瞑想することです。マインドフルネスの流行で注歩く瞑想に興味がある人が多そう。やるなら安全な場所で行いましょう。

スロージョギング

これは正確にはジョギングになるのかもしれないが、ウォーキングとして紹介しておく。ウォーキングとジョギングの間になるポジションだ。ウォーキングだけで物足りなくなったら、これにチャレンジしてみよう。

100kg超えの巨デブでもスロージョギングなら怪我をしない
スロージョギングは体の負担が少なく怪我をしにくいため、気軽に始められる運動法として人気がある。 しかし、それはあくまでも一般レベルの人であって、100kg超級の巨デブには当てはまらないのでは?と思う人もいるかもしれない。 実は私...

踏み台昇降

踏み台昇降もウォーキングの一種に含めていいだろう。

台の昇り降りをするだけだが、消費カロリーはかなりのもの。暑い時期だと汗だくになるレベル。

室内でできるので重宝する。動画などを見ながらやるといい。しかし、外を歩くのと比べると、どうしても飽きやすい。

踏み台昇降の効果的なやり方やオススメのアプリを紹介
運動はしたいけど外出はしたくない。なるべく簡単にできる運動がいい。そんな人にぴったりな運動があります。それは「踏み台昇降」です。 台を昇ったり降りたりするだけの簡単な運動なので、カロリー消費量なんて大したことはないと思わるかもしれませ...

ウォーキングの雨対策

個人的に雨の時まで無理に歩く必要ないと思う。しかし、時期によっては雨が続くときもある。そういうときは雨が弱いなら傘を差して歩けばいい。

ウォーキングの雨対策について
趣味や健康のためにウォーキングをしているのであれば、雨の日にまでウォーキングをする必要はありません。 しかし、雨の多い季節や地域ではそうも言っていられないときもあるでしょう。降るときは一週間くらい雨マークとかザラにありますからね。 ...

ウォーキングの股擦れ対策

最近は体が引き締まってきたので、股擦れをすることはなくなってきたが、始めてたときは、よく股擦れをしていた。

股擦れ対策についてこの記事が詳しい。

ウォーキングの股擦れ対策について
私は運動のためによくウォーキングをしています。朝や夕方にすることが多いです。この時間帯は私の他にもウォーキングをしている人をよく見かけます。 ウォーキングって人気ありますよね。健康のために歩いている人が大多数でしょう。 ...

ウォーキングの時間帯について

私は深夜歩くことが多い。深夜にウォーキングする際の注意点をまとめた。

夜中のウォーキングは危険? 注意点を守って安全に歩こう
夜中のウォーキングは最高だ。 明るい時間にウォーキングをするのも気持ちがいいが、夜中のウォーキングもやめられない。昼と夜どちらも歩くが、やはり夜のほうが多い。 夜にウォーキングをしている人は割と多い。だが、深夜にウォーキ...

外でウォーキングするのが恥ずかしい人へ

外で運動するのが恥ずかしい人はこの記事を参考にしよう。

自意識過剰? 外で運動するのが恥ずかしい人へ
外で運動するのが恥ずかしいと思う人は結構います。 例えば、 ジョギング スロージョギング ウォーキング などの運動です。 人の目が気になって、これらの運動を外で出来ないのです。 かつての私もそう...

ウォーキングに使える活動量計

スマホ不要の活動量計を紹介。Charge2はPCだけでも使えるぞ
心拍計をネット通販で探してると、活動量計がたくさん出てきます。安い物や高い物と色々です。 それらの商品を見ていると気付いたことがあります。 なぜ活動量計はスマホ所有が前提なのだろう。 どれもこれも、スマホアプリを使用するも...
【PD-V075】3,500円で買ったスマートブレスレットがなかなか使えた件
長年使っていたタニタの活動量計がお亡くなりになりました。 活動量計をポケットに入れたまま洗濯してしまったのです。そのせいで愛用の活動量計が壊れてしまいました。乾かしてもダメでした・・・。 完全に自業自得です。もう7年くら...

ウォーキングの注意点

ウォーキングは安全な運動ですが、炎天下のウォーキングには注意が必要です。

熱中症です。

以前、真夏の昼間にウォーキングしたことがあり、熱中症になりかけたことがありました。

罰ゲームではないのですから、わざわざこんな時間帯に歩くことは避けましょう。