コインで出来る易の占い方

スポンサーリンク

易の占い方

この記事では易の占い方を解説する。易はとても簡単なので、初心者向けである。

易といえば、細い棒をシャカシャカやっているイメージがあるかもしれないが、コインでも占うことが出来るのだ。コインで占うからといって、精度が落ちるということはないので安心して欲しい。

それでは易占いの方法を解説する。

易占いの方法

ここではコインで占う方法を紹介する。コインなら誰でも用意しやすいからだ。

表と裏があるコインを3枚用意して欲しい。10円玉が簡単だろう。

どちらを表と裏にするかは自分で決めていい。ちなみに、10円玉は平等院鳳凰堂が描かれてるほうが表である。

次に、用意した3枚を手の中でよく振ってから投げてほしい。

当然、コインは表と裏に分かれるはずだ。表が出た場合は3点、裏が出た場合は2点とする。3枚を足していくつになったかメモしておこう。

何回も繰り返すので、メモしておいたほうが無難。

これをあと5回繰り返すのだ。つまり、合計で6回するわけだ。文字にしたら長いが、慣れればすぐに出来る。

【ここまでのまとめ】

  • コイン3枚を投げて、合計何点になったか覚えておく
  • これを全部で6回繰り返す
  • 奇数なら横棒、偶数なら真ん中が切れている横棒を書く
  • この棒を1回目から上に積み重ねていく

ここまでは、よろしいだろうか?

説明通りにやれば、棒が6本積み重なるはずだ。上から3つを上卦、下から3つを下卦と呼ぶ。

これが八卦だ。ことわざの「当たるも八卦、当たらぬも八卦」は、ここから来ている。

八卦は全部で64の組み合わせになる。 易はこれを元に鑑定していくのだ。

ここで64通りの八卦をすべて公開してくのは現実的ではない。間違いなく長文になるので別の記事で公開していく。