TOEICを学ぶ必要性を忖度なしで考える

スポンサーリンク

TOEIC

久しぶりに英語の話題を取り上げてみます。TOEICについてです。今回は、TOEICを学ぶ必要性について考えてみたいと思います。

  • TOEICなんて必要あるの?
  • TOEICなんて無駄
  • TOEICができても英語できないじゃん

TOEICの必要性については様々な意見があります。

この手の記事は、TOEICの有用性をつらつらと語って、最終的にTOEICの提灯持ちをするのがお決まりです。

しかし、私はそんなことはしないので安心してください。本質的な話をしていくつもりです。

TOEICは必要なのか?

結論から言わせてもらいます。

TOEICは必ずしも必要ではありません。

TOEICが必要か不必要かと問われたら、必要ではないと答えるしかありません。ぶっちゃけ、TOEICが無くなってもそれほど困らないでしょう。

生活するにおいて、必須ではないことはたしかです。

しかし、ちょっと待ってください。話はこれだけでは終わりません。この問題の本質を考えてみましょう。

本質を考える

この問題を本質を考えてみます。

そもそも、なぜTOEICの必要性を気にしているのでしょうか。

TOEICの必要性について気になっている人はそれなりにいます。このブログでも「TOEIC 必要性」でググられている人が毎月数百人もいます。

少し専門的な話になりますが、ブログ運営の世界には『検索者の意図を考える』というものがあります。検索者の本当の意図を考えれば、良質な記事が書きやすくなるというものです。

なぜ彼らは「TOEIC 必要性」で検索しているのでしょうか。

もちろん、TOEICの必要性について知りたいのでしょう。そんな、分かりきっている話でなく、重要なのは「なぜそんなことを知りたい」のか。

なぜ、そんなことを知りたいのか

必要性について考えている時点でTOEICに興味があるのは明白です。関心があるなら、すぐにでもTOEICの学習を始めればいいではないですか。

なぜ彼らはそんなことを、いちいち調べているのか。

それは、「理由探し」をしているからです

TOEICの必要性を調べて、勉強するかしないかの理由を探しているわけです。

このキーワードで検索している殆どの人は次のどちらかでしょう。

  • TOEICを本気で勉強するために必要性を調べている
  • TOEICをやらない理由探しをするために必要性を調べている

簡単にいえば、「勉強をする理由探し」と「勉強をしない理由探し」をしているわけです。どちらも同じ理由探しのためです。

勉強するために必要性を調べている人は特に問題はありません。早くTOEICの勉強を始めましょう。

ここで問題なのは、やらない理由探しのために必要性を調べている人たちです。

TOEICは社会人には不要とか、TOEICは就活には不要とか、そういう記事を読んで安心したいから、ググって調べているわけです。

なぜ彼らはそんなことをしているか分かりますか?

それは英語コンプレックスがあるから

英語コンプレックスはみっともないぞ

「TOEIC 必要性」について調べている人の意図が、少しずつ分かってきました。ここで、誤解を恐れずにハッキリと言いましょう。

必要性について調べている人は、多かれ少なかれ英語コンプレックスがあります。

英語コンプレックスがあるから、TOEICの必要性を調べているのです。自信のなさの現れです。

コンプレックスがあるなら、克服すればいいじゃないですか。

私はTOEICを勉強しなさいとはいいません。TOEICなんてやらなくても英語は学べます。

この記事の読者さんは英語に関心があるのは明白です。英語の勉強をしない理由探しをするのは、もうやめましょう。

TOEICは必要ないかもしれませんが、英語は絶対に不要にはなりません。賢明な読者さんなら、これからどうすればいいか分かるはずです。

最後に

最後にこの記事を簡単にまとめてみます。

  • TOEICは必要ではない
  • 理由探しをするために必要性を調べている
  • 英語コンプレックスがある

必要か不必要かを考えるのはナンセンスです。そんな事を言いだしたら、世の中のほとんどは必要無くなります。

検索している人は、それほど深く考えているわけではないでしょう。検索者の意図を考えていくと、人間の本性が剥き出しになってくるのが面白いです。