【レビュー】ASUS製Chromebookは軽くて使いやすい【C101PA】

スポンサーリンク

クロームブック

今回はASUS製のクロームブックについてレビューします。

クロームブックは少しだけ特殊なノートパソコンなので、まずは簡単に説明しますね。間違えて購入されて後悔させたくないでし。

すでに知っている人は飛ばしてください。

クロームブックについて

Chromebookとは、Chrome OSを搭載した少し特殊なパソコンです。

普通のWindowsPCではないということです。とはいえ、普通の人がPCでやりたいと思うことは大抵できます。

サイトやブログの閲覧、通販サイトでお買い物、メールやLINEなどのSNSなどもできます。ネットフリックスやYou Tubeなどの動画視聴も可能です。オフィスソフトやEvernoteなどの人気アプリも利用可能。

スマホのAndroidを使っている人は、それと共有させることも可能。ChromeとAndroidは同じ運営ですからね。

そして、特に気をつけるべことは、ネット環境が必須だということ。ネット環境がなくても、PC自体は使えますが、出来ることがかなり制限されます。

スペック紹介

10.1型TFT液晶で本体の総重量は約900gです。バッテリー駆動時間は約9時間持ちます。日本語キーボードなので使いやすい。

メモリは4GB、ストレージは16GBあります。少ないように思えるかもしれませんが、WindowsPCではないので、これだけあれば十分だと思います。

USBポートの数はUSB3.1(Type-C)が2つに、USB2.0×1つあります。

本体サイズは横幅が262.8mm、奥行き182.4mm、高さ15.6mmとなっています。

もちろん、無線LANにも対応しています。

この商品の良いところ

起動が速い。爆速。PCを開くだけですぐに使える。

コンパクトで軽いので持ち運びがしやすい。最近は、このクラスのミニノートが少なくなってきているので、本機のような小型ノートはかなり貴重なのだ。

コスパ最高。この価格でタッチパネルにも対応しているのはまさに驚異。セキュリティソフトも不要。GoogleアプリやAndroidアプリが無料で使用可能なので大概のことはできる。

日本語キーボードなのがいい。安いノートパソコンはUSキーボードが多いからね。

USB-Cが使えるのも地味にいい。

ネットを見るだけなら、問題なく使える。動画視聴もサクサク。

この商品の悪いところ

コンパクトゆえ、キーボードが少し小さい。特にリターンキーが打ちにくい。

CG制作や動画編集などPCに負担がかかることは苦手。本格的にPCを使う人には向いていない。

WindowsPCではないので、Windowsに対応してないアプリは使えません。何か特定のアプリを使いたいと思っているなら、事前に調べおいたほうが無難です。

タブレットモードが少し使いにくい。普通のノートパソコンとして使うのがいいかも。

サポートが悪い。まあASUSですから。

このPCは誰にオススメか

このPCは誰にオススメなのかズバリ答えます。

安いノートパソコンが欲しい人向けです。またはサブパソコンが欲しい人にもいいでしょう。

趣味でインターネットをしたい人、もしくはライトな作業しかしない人にはこれで十分なはずです。

スマホを見ていると目が疲れてくる人にもオススメ。中高年になってくると、スマホの小さい画面は辛くなってきます。ノートパソコンくらいの画面があれば、かなり目が楽になるはずです。

最後に

色々、出来ることはありますが、あくまでもこのノートパソコンは趣味で使う人向けです。趣味でインターネットをしたい人に向いているPCです。

仕事でバリバリと使う人には向いていません。仕事で使うにはかなり割り切って使う必要がありそうです。

【ASUS】Chromebook Flip シルバー