【必読】経営者に必要不可欠な勉強。最優先で学ぶべき知識は?

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

経営者は勉強しなさいこの記事の読者さんなら勉強の重要性を理解しているはずです。しかし、あなたが思っているよりも勉強の重要性は高いです。

特に経営者にとっては最低限の勉強ができていないと、何をするにしても上手く行かない可能性があります。

経営者さんは絶対に勉強をするべきです。

この記事を最後まで読んで、しっかりと勉強していけば、ビジネスで成功する可能性派が高まりますよ!

経営者が勉強をするメリット

なぜ経営者は勉強をする必要があるのか。もちろん、メリットがあるからです。ひとつずつ解説してきます。

発想力が付く

勉強をすると発想力が付きます。

勉強をして知識が増えれば、それだけアイデアを生みやすくなります。アイデアとは既存の知識の組み合わせですからね。

勉強をすることで経営のヒントを掴むことも多いのです。

脳死で仕事をするのは、ただの労働です。経営者たるもの、そんなことではいけません。経営者なら頭を使って仕事をするべきです。

収入が増える

勉強をすると収入が増えます。

勉強を続けているサラリーマンは収入が高い。これは政府が発表しているデータですので、信憑性は高いでしょう。

雇われのサラリーマンですら、勉強するだけで収入が増えるのだから、経営者が勉強をしたら、どうなるかは考えるまでもありませんよね。

信頼される

勉強を続けていると信頼されます。

勉強とは人格を作るものでもあります。人格はすぐには作られませんが、勉強を長く続けていくと、必ずそれは現れます。

勉強をあまりしてこなかった人たちの人格を考えてみると、私が何を言いたいのか、読者さんにも分かるはずです。

いわゆる素行不良ですね。これでは信頼されるわけがありません。

逆に言うと、勉強を続けているだけで、信頼される可能性があります。信頼がビジネスにおいて大事なのは私が言うまでもありませんよね。

経営者が優先して勉強するべきもの

勉強

勉強するメリットは分かったと思います。では具体的に何から勉強すればいいのか説明していきます。

専門知識を高めよ

まず優先するべきなのは専門知識です。あなたの仕事で必要な専門知識を勉強していきましょう。

こればかりは仕事によって違ってくるので、残念ながら私にはアドバイスができません。例えば、医者するべき勉強と、小売業がするべき勉強はまったく違いますよね。

一般教養を復習せよ

次にするべき勉強は一般教養です。

いわゆる学校で習った勉強ですね。中高年くらいになると、ほとんど忘れているので、一般教養を復習をするべきです。

なぜ、今更学校の勉強を復習する必要があるのか。

それは、専門知識は一般教養の理解があってこそ、深く理解できるからです。一般教養はすべての学問の基本となっているものです。だからこそ、義務教育になっているのです。

それに、あまりにも一般教養を忘れてると、部下や取引先からバカにされる可能性がありますよ。知的レベルは隠せません。あまりにも物を知らないと必ず相手にバレます。

最後に

最後にこの記事についてまとめます。

勉強するメリットは、発想力がついて収入が増えます。相手から信頼されやすくなり、ますます稼げるようになります。

そして優先する勉強は、専門知識と一般教養です。

経営者が学ぶべきことは他にもたくさんありますが、この記事に書いてあることだけでも最低限は学んでおくべきです。

勉強しなくてもいいのは、人に使われている労働者だけです。人を使う立場の経営者なら、絶対に学ぶことだけは忘れないように。生涯勉強ですよ。