YouTuberは二極化が激しい。勝ち組なれなければ悲惨

You Tuberはいまだにたくさんいる。有名になれば一攫千金になれるからな。夢を求めて動画を投稿している輩は後をたたない。

しかし、You Tubeで有名になるのはものすごく難しい。

その理由はYou Tubeのシステムのせいである。

YouTubeの何が残酷って、再生数がすぐに分かるところだ。サムネをクリックする前に再生数が分かるから、その動画が人気あるのかないのかが、すぐに分かってしまう。

もし、本屋にあるすべての本に売上げが書いてあったら、まったく売れてない本はどうしても売れなくなるだろう。そして、売れている本はますます売れるようになる。

つまり二極化だな。

YouTubeの二極化はこんなものじゃない。YouTubeの運営そのものが二極化させようとしている節があるから、再生されない動画はまったく再生されない。

検索すると、まず人気動画がズラーッと並ぶからね。逆に不人気動画を探すのは手間が掛かる。わざわざフィルタで新着順で探さないと出てこないからなw

つまり不人気動画はもう浮き出る可能性はほとんどない。人気YouTuberとコラボをするか、ブログやTwitterなどで取り上げてもらうしかない。

全盛期のニコニコ動画もこんな感じだったな。一部の動画だけバカみたいに伸びて、他の動画は全然伸びない。そしてアホらしくなってユーザーが離れた。

まあYou Tubeの場合はニコニコみたいに使いにくくないから、簡単には落ちぶれないとは思う。

面白い動画を作れば伸びるとか、もはやそんな時代ではないのかもしれない。コネやSNSなどを使わないと厳しい。いわゆる、営業力がないとYou Tuberとして大成できない時代だ。

二極化が激しいということは、一度人気者にさえなれば、簡単には落ちないということ。ヤリガイはあるのかもしれないね。