ネットの情報はクソばかり?信用出来る情報サイトを探してみる

「ネットの情報なんて嘘ばかりだよ」などと、したり顔で言ってみたりする。しかし、本当にネットの情報は嘘ばかりなのだろうか。

それは、そいつが低レベルのサイトしか知らないから、そう思うだけではないか?

ネットにだって信頼できる情報はあるはずだ。そこで信頼できるサイトを探してみた。

これはあくまでも個人的な考えなので、本当にそのサイトに嘘がないかは私には分かりかねる。参考程度に聞いておいてくれ。

それでは早速紹介していく。

信頼できる情報サイト

国が運営しているサイト

国が運営しているサイト。いわゆる公務員だね。

国会、役所、警察、裁判所などのサイトだ。これらのサイトは信用できるはずだ。ここまで疑い始めたらもう病気レベル。国すら信頼できないなら、もう何も信頼できないだろう。

ちなみにこの国が行っているサイトはかなり多い。見るだけでも勉強になるので色々見てみるといい。

メディアが運営しているサイト

メディアが運営しているサイトも信用できる。メディアとは新聞社やテレビ局や出版社が運営しているサイトのことである。

たまに嘘があったりするが、それでもネットの情報の中では信用できるほうだろう。

実際、テレビや新聞の情報を鵜呑みする人は多い。それだけ国民に信用されているということだ。

大学や研究所

彼らの主張は絶対に正しいとは限らないが、基本的に頭のいい人たちが揃っている集団なので、低レベルな主張はしていないはず。そのへんのサイトよりは信頼できるだろう。

企業サイト

企業が自分の名前を出して運営しているサイトは信用できる。わざわざ企業が自分の信頼を落とすような情報を発信するわけがない。

情報が充実している企業サイトも多いので、かなり役に立つだろう。

著名人・専門家

ある分野で有名な専門家や著名人のサイトは信頼できる可能性が高い。営業や宣伝に使えるのか、意外にもこういう人たちは自分のサイトを持っているものだ。探してみるといい。

身分を明らかにしている

自分の身分を明らかにしている人のサイトは、そこそこ信用してもいいかもしれない。

名前を出していても、嘘ばかり言う人間もいたりするので、気をつけないといけない。その身分自体が嘘っぱちの可能性もある。

あくまでも匿名よりは信用できるかもと思っておけばいい。

最後に

今紹介してきたサイトをすべて探してみるとかなりの数に及ぶはずだ。最初に紹介した国が運営しているサイトだけでもかなりの数になる。

これらのサイトを見ても、まだネットの情報は嘘ばかりだというなら、もうネットなんて見ないほうがいい。むしろ、何故いまだにネットなんて見てるのかってレベル。

バカとネットは使いよう。ぜひ賢くネットを使ってもらいたい。