成功者はみんな読書家という大嘘を真に受ける奴らはアホ

スポンサーリンク

「成功者はみんな読書をしている。だから成功したいなら読書をしよう!」と、よく言われている。

しかし、これは大嘘である。その理由を述べていこうと思う。

私は読書がそこそこ好きだ。そこそこの本を読む。とはいっても読まないときはまったく読まないので、にわかもいいところだ。

読書と言えば、

  • 「読書をすると年収が上がる」
  • 「成功者はみんな読書をしている」

などとよく言われている。これらは本当によく聞く。ステマじゃないかってくらいよく聞く。

これが本当なら、読書家たちは好きなことをして、収入が上がるということになる。図書館に通っている人たちは自動的に高収入になるな。最高でないか。

でも私の年収はまったく上がっていない。多少は読書をしているのだから、収入が上がらないとおかしいではないか。

もしかしたら読書を収入に繋げるには、死ぬほど読書する必要があるのではないか。

気が向いたときに少し読む程度では、あまり効果はないのかも知れない。

死ぬほど読書していく

最近、東洋思想に興味が出てきた。

東洋思想は中国・インド・日本の3国を中心に学んでいくことになると思う。この3国を学習しておけば、とりあえず抑えられるのではないか。

しかし、東洋思想と言っても範囲が広すぎる。本気で学ぶつもりなら、一生かかっても無理だろう。しかも私の場合、東洋占術にも興味があるから始末に負えない。

最初は広く薄く学習していくしかないな。

東洋思想を専門で学ぶ大学があるみたいだが、今更大学なんて行くつもりもない。

独学で学んでいくことになるが、どうやって学習していこう。とりあえず、古典を中心に読み込んでいけばいいか。

中国の古典と言えば、やはり四書五経だろう。

岩波文庫の「論語」「大学・中庸」「孟子上・下」は持っている。ちなみに四書ではないが「老子」も持っている。

論語と老子は読みやすくなったので、読破済みである。しかしほとんど、頭に残ってる感じはしない。やはり1回読んだだけでは覚えられないよな。読破したのはかなり前だってのもあると思う。

「大学・中庸」「孟子上・下」は途中で読むものを辞めてしまった。もう一度チャレンジしてみたい。今なら最後まで読めるかも。

四書五経の五経の部分はまったく読んだことがない。なんとなくだけど、難しそうな感じ。易経だけは面白そうだけど、それ以外は面白く無さそう。

西洋の勉強はしないのかと思われるかも知れない。

正直、まったく興味がわかない。西洋の考え方は日本人には合わないと個人的に考える。

こんなこというと、グローバル社会なのに相応しくないとか言われるんだろうが、西洋思想を学ぶことがグラーバルになるとは思えない。

西洋は西洋に任せておけばいいだろう。東洋が無理やり西洋の考え方に染まっても仕方がない。

もちろん、西洋を勉強したい人はすればいい。それを強要するなってこと。私は東洋に興味があるから学んでいく。

読書で成功するなんてあまりにも非現実的

読書家の成功者たちは、成功してお金と時間に余裕ができたから読書家になったのであり、読書のおかげで成功したのではない。

これは断言できる。

読書家で有名な成功者たちの読書量を見ていると、年間400冊くらい当たり前に読んでいる。

これは毎月5万円以上も書籍に使っている計算になる。これだけのお金を毎月使えるなんて駆け出しの社会人には無理である。

若い頃から毎月5万円本につぎ込んで読書をしてきたぞ!という人も稀にいるのかもしれない。だが、そんな特殊な例を当てはめても意味はない。普通の人は真似できないからな。

それに時間も足りない。

年間400冊読むということは計算上、毎日一冊以上読む必要がある。一般人にはたしてそんな時間があるだろうか。

これはほとんど人には厳しいはずだ。

要するに現実的ではないのだよ。

ここで、もう一度繰り返す。

成功者は本を読んだから成功したのではなく、成功して余裕ができたから読書家になっているのだ。

自分の本を売るために嘘を付く

成功者は本を執筆している人が多い。大抵の成功者たちは顔が広いので知り合いに作家がいる可能性もある。

そんな彼らが本を読むように勧めるのは当たり前のことである。本を読んでも無駄だよなんて言おうものなら本が売れなくなるからね。

本とは成功者がますます成功するための金稼ぎの道具にすぎない。

例えば、有名経営者が書いた本や、お金持ちで有名な人が書いた本などを読んで彼らと同等に成功した人はどこにいるでしょうか。

そんな成功者はほとんどいないでしょう。

本当に読書で成功できるというなら、これらの本を読んだほとんどの人が成功できないとおかしいことになる。

結局、本人次第なのだよ。読書なんて関係ない。これが真実。読書で成功するわけないだろう。

そして、それを真に受けてるやつもアホ。

もう一度言うが、読書して成功するわけない。

そもそも家に籠もって読書してるだけ成功すると思うか?

一番重要なのは行動と運だ。

行動力が大事なのは言うまでもないと思うが、運もかなり大事であると思っている。運を否定する成功者たちは嘘だと思っている。

コネも大事だが、これも運のようなもだろう。

若いうちに自分が全力で打ち込めるものを見つけられることも運が必要である。そして、そのやりたいことが、時代の流れと一致していると成功する確率が上がるわけだ。これだって運が必要になる。

次に大事なのは健康かな。体が健康でなければまともな仕事も出来ないからね。

つまり、読書なんて2の次どころか3の次4の次程度の物である。それなのに、まるで読書をすれば成功者になれるという風潮があるのが、本当腹が立つ。

そんなもの真に受けるなよ。成功者の養分になるだけだ。