ネット断食のススメ。毎日10時間以上ネットをしている廃人が語る

お前らネット断ちしようぜ。

……とはいっても、完全にネットを断ち切ることはもはや不可能。ネット通販は便利だし、いろんな動画も見れるし、ニュースだってすぐに見ることができる。

こんな便利なネットをまったくやらないのはキツイ。

私は引き篭もりなので、毎日10時間以上ネットをしている。家にいるときはほぼネットをしている状態だ。

ネットはネガティブな意見だらけ

日本のWebサイトはネガティブな意見だらけである。日本人は他人をあまり褒めることはしないので、必然的にネガティブな意見が多くなる。

特にゲーム、政治、芸能関連は酷い。毎日のように何かしらを叩いている。

ぶっちゃけ、インターネットなんてやらないほうがいい。しかし、インターネットを完全に止めることはさすがに無理があるので、見ないサイトを決めること。

ネガティブな意見があるのは特定のサイトに集中しているので、それらのサイトさえ見なければ気分が悪くなることもない。

それでは早速、見ないほうがいいサイトをまとめていこうと思う。とはいっても、俺がここで言う必要もないくらいに有名なサイトばかりである。

5ch、5chまとめ、Twitter、ヤフコメなどだ。これらは暴言、罵倒、嫉妬、皮肉などネガティブなコメントばかりである。

人がたくさん集まるところで閲覧者が気軽にコメントができるサイトを見るのは避けたほうが懸命だ。

それらを毎日のように見ていると、あなたまでネガティブな思考に染まっていく。そして、いつの間にかあなたも同じようなネガティブなコメントをするようになっていく。

言葉は言霊。ネガティブな意見ばかり言っていると心もネガティブになっていく。日本に自殺者が多いのはそれと無関係とは言い切れまい。

暇つぶしをしたいなら本でも読めばいいんだよ。最初はハズレ本ばかり読むかもしれないが、すぐに良書を選ぶコツが分かると思う。

よく、最近はゴミ本だらけと言われるけど、そんなことはない。内容が濃い本だってたくさんある。電子書籍ならスマホでも読めるので手持ち無沙汰にならないだろう。

不寛容な社会を生き抜くために

ネットの世界は少数派に不寛容だ。

常に常識を押し付けられる。

常識というものを大事にする国民性だから仕方ないのかもしれないが、あまりにも不寛容。

ちょっと人と違う意見を言おうものなら罵倒が飛んでくる。それもまったく知らない人間から。

ネットに染まってる人間ってのは口が悪い人間が多い。

例えば、Twitter芸人のような有名人がいるけど、そいつらは総じて口が悪い。

これは口が悪いからこそ、毎日Twitterをやっていける。まともな人間は途中でアホらしくなって止めていくからね。

だからネットを続けていくなら口を悪くするしかない。

手持ち無沙汰が怖い

何が怖いって手持ち無沙汰になることだろう。ずっとスマホばかりやってきた人が突然スマホなしで休憩時間を過ごせるかい?

おそらく落ち着かないはずだ。人と楽しく会話ができる人なら休憩時間にスマホなどイジる必要ないからな。

そういうときは本を読めばいい。