婚活サイトと出会い系サイトって何が違うの?結局は同じだろ?

婚活サイトと出会い系サイトって何が違うんだよ。やってることは一緒だろ? 気取って名前使い分けてんじゃねえよww

このように思っている人はいないだろうか。

まあ、俺がそうだったんだけどな。でも調べてみるとやはり違うんだよね。

婚活サイトと出会い系サイトの違い

婚活サイトと出会い系サイトは基本的に利用層が違う。

最近の人たちは恋愛は面倒だと考えている人が多い。でも、結婚はしたいと考えている人が多いんだわ。

恋愛なんてすっとばして、いきなり結婚をしたいという人が急増しているのだ。それは経済面の理由だったり、子供が欲しいなどの理由でだ。

そういう人たちは出会い系なんてまず利用しない。

異性と遊びたいとは思わないからだ。異性と遊びたい人は出会い系サイトを利用する。

だから利用層がかなり違う。

婚活サイトで出会い系サイトのようなことをやったら、すぐに通報されて登録抹消されてしまう。

登録の方法もかなり違う。もちろん婚活サイトの方が登録が厳しい。本名や年収を公開するのは当然で、画像で顔出しもしていかなくてはならない。

それだけ結婚にたいして本気の人が集まっているということだ。

もはや交際しないことが当たり前になっている

最近の日本人は男女関係に関して、かなり合理的な考えの人が多い。

気になる異性すらいない人間が増えている。好きな相手がいるのは、なんと2割程度しかいない。あとの8割は異性なんてどうでもいいのだ。

もっと踏み込んだ話をすると、独身男性で女性と交際しているのは5%しかいない。これが現実なのだ。95%の人間が交際していないのだから、もはや交際しないことがスタンダードになっている。

だから、結婚をしたいなら婚活サイトを使っていかないと、難しい状態になってきているのだ。

特にモテない女性は婚活サイトを使わないと結婚は難しい。説明した通り、8割の人間は女性に興味ないんだからな。何もせずに待っていたら一生独身である。

サイトやアプリを使わないと結婚が難しい状況は、果たして健全なのかは分からない。しかし、何かしら対策をしない限り、今後もますますこの傾向は進むだろう。恋愛結婚する人間が少なくなっていくのは確実である。