中高年はウォーキング学習をすると健康と知識が手に入って捗る

私は健康のためにウォーキングをしているのですが、そのときに英語の音声を聞きながらウォーキングしているのです。学習をしながらウォーキングをしているわけですね。

長文英語の音声を聞いてブツブツ呟きながら学習しています。外に聞こえると恥ずかしいのでマスクして呟いてますw

運動しているときは記憶力もアップしているので、このやり方はかなり有効なんですよ。

歩きながら学習できるのは英語だけではありません。

音声化されているものなら、なんでも学習できるはずです。資格とかも音声になっているのがあるので、ウォーキング中も資格の勉強ができるというわけです。

今考えると、この学習方法って中高年にピッタリかもしれませんね。

中高年は生活習慣病になっている人が多いですから、ウォーキングをしたほうがいい人が多い。さらに学校で習った知識もかなり忘れてきている。

あなたもウォーキング学習を始めてみませんか? 続けていけば、健康と知識をいっぺんに手に入りますよ。

このときに気をつけることはもちろん車です。だから私は歩道のある道を選んでウォーキングしています。もし夜歩くときは反射ベストを着てウォーキングしています。

とりあえず外を歩くのはこれだけしておけば車対策は万全です。

家の中で踏み台昇降をするのもいいですね。

これなら動画を見ながらでもできます。学習できる範囲が広がります。

他にはプールで歩くのもありです。

膝が痛い人や肥満の人でも水中なら体の負担になりにくいです。大抵はウォーキング用のレーンが用意されているので安心して歩ける。

プールの場合は防水のウォークマンがあるので、それを聞きながら学習することもできる。

ただし場所によってはウォークマンの使用がNGの場所もあったりするので注意。

しかし、踏み台昇降にしても水中ウォーキングにしても飽きやすいのが欠点。外を自由に歩くのと比べると、どうしても飽きやすいですから。

オーディオブックで学習