心から信頼できる親友の作り方

スポンサーリンク

友人の作り方

友人との交流はすべての人間関係の基本になります。年上や年下、同僚や上司、恋人などの交流はすべて友人とのコミュニケーションが基本なっていきます。

それだけ友達というのは大事なのです。

あなたは何人友達がいますか? その中に親友と呼んでいい人間は何人いますか?

最初から友達を作ることを諦めている人ならともかく、友達が欲しいのに友達が作れないのはあまりにも寂しい。そこで今回は友人の作り方を考えてみます。

親友とはいいものだ

「親友について偉そう語っているお前はどうなんだよ」と言われる前に、私の親友の話をします。

私が中学1年生だったときに入院したことがあります。1日で終わるような検査入院だったので大しことはありません。

だから、お見舞いなんてまったく期待していませんでした。病院名も言ってなかったので、誰かが来るとは思わなかったのです。

そこになんとお見舞いをしてくれた人がいたのです。私の入院先を自分で調べて来てくれたのです。

その人は、自分的にはそこまで仲が良いとは思っていませんでした。むしろ、その人のことを少し小馬鹿にしていたくらいでした。

その人は富山の研究をしていると言っていたのです。中学生なんてまだガキですから、地元の研究をしているなんてダセーと思っていたのです。

お見舞いに来てくれたのはその人だけでした。俺が親友だと思っていた人は来ませんでした。

父がそのときに言った言葉が忘れられません。

「お見舞いに来てくれる人は本当の友達だから大切にしなさい」

中学生ですからね。病院にお見舞いに来てくれるなんて結構大変です。こんな大変な思いをしてまでお見舞いをしてくれて私は感激しました。

それからですね。この人と親友になったのは。

富山の研究をしていると言っていたので、彼に付き合って色んな場所に行きました。私の趣味のゲームにも付き合ってもらったりして、とても楽しい思い出を作りました。

彼のおかげでとても楽しい中学時代を送ることが出来ました。

……少し長くなってきましたね。このままずっと私の友達の話になりそうなので、ここまでにしておきます。

今回はあくまでも友達の作り方の記事なので。

友人の作り方

今から友人の作り方を紹介していきますが、この記事に書かれていることを、いきなり全部実践するのは難しいと思います。無理をしないで少しずつ実践していきましょう。

自分を愛すること

友人を作るより、まずは自分自身のことを愛することです。自分ですら嫌っている自分と仲良くなってくれというのはあまりもおこがましいです。

自分のことを嫌っている人間はどうしてもへそ曲がりの人間になっていきます。これでは友人ができにくいですよね。

誠実になること

相手を見下したりしていませんか?

相手を利用してやろうとか考えていませんか?

相手のことを信用してなかったりしていませんか?

そういうのは伝わりますよ。当然、そんな人間とは誰も友達にはなってくれません。むしろ逆にあなたを利用してやろうとする心無い人間が集まってくるでしょうね。

友達が欲しいなら、常に誠実であること。これが大事です。

寛容になれ

多少、嫌なことをされてもいちいち気にしないことです。

無自覚に人の嫌なことをする人間はどこにでもいます。完璧な人間なんていませんからね。そのたびに気にしていては友達はなかなかできません。

あなたも気付かないうちに人に嫌なことをしているかもしれませんよ。

礼儀は大事

友達とはいえ礼儀は大切です。親しき仲にも礼儀ありですね。

挨拶だけでなく、助けてもらったらしっかりと感謝を表すべきだし、ときには気配りだって必要です。

相手にだって知られたくない秘密はあります。そういったデリケートな領域にズカズカと踏み込んでいくようなことはするべきではありません。

こういった配慮をするのも礼儀の一部です。

かまってちゃんは嫌われる

「かまってちゃん」は嫌われます。友達が欲しいからといって「かまってかまって」をしていたら友達が減っていきますよ。これは私の友達の話ですが、「かまってちゃん」がウザくなって一方的に絶交したと言っていました。よほどウザくなったんでしょうね……。

自然体でいること

あなたがいつも緊張していると相手まで緊張してしまいます。なるべく自然体で振る舞うことが大切です。あなたはあなたです。自然体なあなたと付き合ってくれる人こそ真の友人と呼べるでしょう。

同じ趣味を持つ

やはり同じ趣味を持っている人とは付き合いやすい。特に話題を仕入れる必要もない。話題も自然と盛り上がる。

というかあなたに熱中する趣味がひとつでもあるなら、それをブログやツイッターなりに発言していけば、いつの間にか友達がふえているかもしれませんお。

バランスのいい人間になれ

あまりにも頭が切れすぎると逆に怖いし、逆にあまりも世間知らずだと、それもまた相手に引かれる。

ほかにはプライドが高すぎると友達ができにくい。自分の考えに絶対の自信があるから、相手の考えを絶対に受け入れないのだ。

かといって、プライドがまったく無いのも問題です。何をされてもヘラヘラしているようでは呆れられてしまう。

要するにバランス感覚なのです。バランスのいい人間になることです。

ともに行動せよ

友人になりたい相手となるべく行動をともにすることです。たまにしか会わない間柄ではなかなか友達にはなれません。

ともに笑い、ともに泣き、ともに感動をする。気持をお互いに共有することで親友になっていくのです。

一緒にいる時間が長ければ長いほど仲が深まっていくのは当然のことですよね。

積極的行くこと

友だちが欲しいなら積極的に相手に絡みに行くことです。人間に興味がないようでは友達作りは難しいでしょう。

これが出来たら苦労はしないという声が聞こえてきそうですが、自然と友達ができるのを待っていたらなかなかできません。

これは歳を重ねるほどに難しくなってきます。

あなたが何歳かは分かりませんが、大学生や社会人だとしたら、自分から相手に絡みに行かないと、なかなか友達はできませんよ。これは経験上断言できます。

友達を見つける場所

もしあなたが学校の生徒さんなら、友達は見つけやすいはずです。同い年の人がたくさん集まっているのだから、なんの気兼ねなく友達が作りやすい。

問題は社会人です。職場には様々な年代の人が集まっています。だから職場ではなかなか友達が作りにくい。

それならどこで友達を作るのか。

やはりSNSですね。今の日本でもっとも簡単に友達が作りやすい場所はSNSです。

「Twitter、Facebook、mixi、Instagram、LINE」などの有名どころがいいです。

他にもSNSはありますが、紹介したこれらのSNSが友達が作りやすいです。気軽にコメントをできる雰囲気があるので。

これらのSNSで、同じ趣味の話題や興味のある話をしている人に積極的に絡んでいくのです。くれぐれも最初は丁寧に。最初からタメ口で絡んでいくとブロックされる可能性がありますよ。

絡み方がよく分からないなら、しばらく他の人たちがどのようにして会話をしているかを見てみると良いですよ。

勇気を出して話しかけても、スルーされるかもかもしれませんが、気にしないことです。簡単にスルーできるのがネットのいいところなので、ネットの仕様上、これは仕方がありません。

もうひとつ友達を作りやすいところがあります。

それはブログです。

ブログにコメントを残すのです。超有名なプロブロガーならともかく、そこらへんのブロガーレベルならコメントをするだけで喜ばれますよ。

仲良くなってから、自分のブログやSNSのアカウントを教えれば、向こうも来てくれるでしょう。少しずつ仲良くなっていけるはずです。

あと、出会い系は駄目ですよ。友達作りとして利用するのは絶対に止めたほうがいい。あんなところで友達なんてできるのか?って感じです。

職場での親友の作り方

職場で親友を作るには

社会人になると、どうしても親友が作りにくくなります。そこで、職場での親友の作り方を考えてみます。

とはいっても、特に変わったことはしなくてもいいです。社会人だからといって、友達の作り方が変わるわけではありません。

同じ趣味嗜好の同僚がいれば、気軽に話しかけてみましょう。いつのまにか友達になっています。やり方は今までと一緒ですよね。

それよりも、問題なのはプライドではないでしょうか。大人になると、妙なプライドが邪魔をして行動ができなくなりますから。そこを乗り越えて声を掛けられるかが重要です。

信頼できる人を見抜くコツ

最後に「本当に信頼できる人間を見抜くコツ」を紹介します。

親友になるにはお互いが強い信頼感で結ばれていないとなれない。ただの知人レベルだ。悪口を言い合っても次の日には平気な関係が親友だ。

旅行に行く

どこかに二人で泊まり掛けの旅行に行くのだ。これは昔から言われている方法で効果はかなり高い。期間は長ければ長いほどいい。

この旅行が上手く行けば、末永く友人関係として上手く行く可能性が高い。逆に流行中に本気で喧嘩をして、とんぼ返りすることになったら、あまり相性はよくない。親友に離れないだろう。

なぜなら、泊まり掛けの旅行は相手の本性が見えるからだ。

旅行は普段とは違う刺激があるので、本人の自覚がなくても疲れやすい。心身ともに疲れると理性を失いやすいので、相手の本性が見えやすいというわけだ。

一度、2週間くらいの長期旅行をしてみるとい。金銭的に大変かもしれないが、ぜひ試してみて欲しい。

信頼できない人間の特徴

次にあまり信頼できない人の特徴を上げていく。

  • いつも悪口ばかり言っている
  • 馬鹿騒ぎするのが好き
  • 派手なメイクやファッションばかりする
  • 友達が少ない
  • 平気で嘘をつく

これが1つでも当てはまったら注意するべき。その人とは友人となるべきではないかもしれない。

最後に

友達が欲しいと願うあなたは素晴らしい人間だと思います。これは嫌味ではなくて本当にそう思います。それだけ人間に興味があるということですからね。

以前、私はこのような記事を書きました。

孤独は最高だった!ソロ充のススメ。孤独に強くなればメリットだらけ
孤独は最高だ。孤独生活をエンジョイする方法を公開中。キョロ充たちの孤独叩きなんて無視しておけ。人間はみんな孤独なのだから楽しんで生きるほうがいい。

これは孤独のメリットについて書いた記事です。

私は友達なんて面倒だからいらないと考えている人間なのです。だから、友達を作りたいと考えている人がとても輝いてみえます。

自信を持って下さい。あなたなら必ず友達ができますよ!