まだSSL化してないの?ブログのSSL化は超簡単。エックスサーバーなら3手順で完了

最近、ネット界隈が騒がしい。SSL化の動きが加速しています。個人ブログもどんどんSSL化に対応しています。

SSL化にすると機密情報を保護してくれるようになります。要するにセキュリティが上がるわけですね。セキュリティが上がるとユーザーは安心して利用ができます。ユーザーの満足度が上がれば、Googleも評価してくれるようになるので検索順位も上がります。

SSL化は運営者とユーザー双方にメリットがある行為といえるでしょう。

SSL化のタイミング

うちは弱小ブログだからまだまだ関係ないと思っていますか?

これは違います。弱小ブログだからこそ、今のうちにやっておくべきだと思います。

ガチの弱小ブログだと深夜はほとんど人が来ませんよね。常時SSL化する際に、どうしても一時間ほどメンテの時間が必要になるので、人がまったくこない時間帯がある弱小ブログのほうがやりやすいのです。

人がたくさんくるようになればなるほど、メンテの時間は損失になってしまいますから、SSL化をするなら、早めに対応しておいたほうがよろしいかと思います。

というわけで、このブログもSSL化に対応することにしました。

常時SSL化ってなんとなく難しそうなイメージでした。費用も発生するのかと思っていました。ところがどっこい。そうはイカの金玉。

めちゃくちゃ簡単で、しかも無料でできました。

だから、さっさとSSL化なんて終わらせたほうがいいと思います。まあ、私はエックスサーバーを使っているから、こんなに簡単だったのかもしれませんが。

ブログを常時SSL化する方法

私がやったことはマジで簡単です。今まで後回しにしていたのがバカみたいに簡単です。

  1. エックスサーバーでSSL設定をする
  2. WordPressの管理画面の設定を弄る
  3. エックスサーバーの.htaccess編集にコピペする

たったこれだけ。マジでこれだけで終了です。ひとつずつ詳しく説明していきます。

SSL化設定を追加する

エックスサーバーのインフォパネルにログインして、サーバーパネルに行きます。

サーバーパネルのドメインカテゴリーのところに「SSL設定」がありますよね。そこをクリックしてください。

そこでSSL化したいドメインを選択しましょう。あとはそこで独自SSL設定の追加をするだけです。

これでSSLのURLが追加されました!簡単ですね!

WordPress管理画面を弄る

WordPressのほうでも設定する必要があります。設定といっても難しいものではありません。

WordPress管理画面の一般設定に「WordPress アドレス (URL)」と「サイトアドレス (URL)」というものがありますよね。その2つのアドレスのhttpの部分をhttpsにするだけです。

sを追加するだけです。超簡単ですよね。

.htaccess編集をする

.htaccessってなんだよ!と思うかもしれませんが大丈夫です。そんなものは分からなくても問題ありません。ただコピペするだけですから誰でも出来ます。

簡単ですよね!

でもここはとても大事なことなので、正しく行いましょう。

SSL化にするとURLが変わりますよね。だから以前のアドレスから新しいアドレスに転送作業が必要なわけです。

やり方ですが、やはりこれもエックスサーバーのサーバーパネルで行います。

サーバーパネルのホームページカテゴリに「.htaccess編集」というのがあるので、そこに以下のコードをコピペして追加するだけです。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

最後に

いかがでしたか?SSL化は無事に終了しましたか?

簡単すぎて拍子抜けしたと思います。私はエックスサーバーを利用しているから、ここまで簡単に行えるのかもしれません。

なんにしても無料でできるなんてありがたいことです。

記事にしてから言うのもなんですが、SSL化のやり方はエックスサーバーのヘルプに書いてあるので、それを見てやるのもいいかもしれません。企業サイトなのでブログよりは信頼できるでしょう。

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

<追記>10月17日

SSL化してしばらく立ちましたが、約10%アクセス数が上昇しました。

このアクセスアップがSSL化によるものなのかはGoogleしかわからないことですが、一応報告しておきます。