ツイッターをブログの宣伝ツールとして一ヶ月使ってみた結果・・・

ツイッターでの宣伝行為の危険性について

今回はSNSについての話です。SNS集客について勘違いしている人が多そうなので記事を書いてみました。

SNSで自分のブログを宣伝すると、Googleからペナルティを受けるのでは?と思っている人が一定数いるようです。

結論からいいますと、そんな心配は皆無です。安心してください。

ツイッターには「nofollow」が埋め込んであるため、いくらそこで宣伝してもGoogleは必ずスルーします。だから、Googleからペナルティなんて食らうわけがわけがありません。

だから、ツイッターでの宣伝はやらないと損ということになります。SEO的に特にデメリットがないのですから、ガンガン宣伝するべきなのです。

私はツイッターをやっていますが、二桁程度のアクセスが流れてきます。特に有用な呟きなどしていません。ほとんど宣伝ツイートばかりです。ちなみにフォロワー数はミジンコみたいなものです。

それでも宣伝の効果はあるのです。

言うまでもありませんが、コンテンツ作りを疎かにして宣伝ばかりしていてはダメですよ。コンテンツ作りを優先して余った時間で宣伝するのが好ましい。

ただしあまり意味ない

ツイッターでの宣伝を続けてみて思ったのは、ぶっちゃけあまり意味ないなってこと。

たしかにツイッターで宣伝したら、多少はアクセスが流れてくる。でもね、まったくアフィリエイトリンクがクリックされないんだわ。

おそらく、ネットリテラシーが高い人が多いから、リンクをなかなか踏まないのだと思う。

もっと大量のアクセスが流れてくるなら、金にも繋がるのだろうけど、今のところは全然駄目ですね。金に繋がらない層を引っ張ってきてもまったく意味はない。

ツイッターアカウントを育てて、フォロワー数を増やしていけばいいのだろうけど、そんなの苦痛過ぎる。

ツイッター規制される

それにツイッターの使い方も面倒臭いんだよな。すぐに細かい規制されるんだよ。

たとえば、トレンドのハッシュタグを入れて自分の記事の宣伝すると、すぐに自分のツイートが検索に表示されなくなる。「すべてのツイート」で調べても表示されなくなるのだ。

宣伝ツイートだけだとあからさますぎてマズイかなと思って、わざわざ、トレンドの呟きとかしていたのに、それが規制されてしまったのだ。

どんだけ過敏なのか。たしかにどうでもいい呟きばかりだけど、ツイッターなんてそんなもんだろう。

そのくせ、もっとヤバイツイートは黙認するくせに。ヘイトとか罵倒ツイートとか自殺ツイートとかこそさっさと規制するべきだろ。

今のところ、トレンドの呟きだけ規制されている状態だ。もう面倒臭いのでトレンドの呟きは止めようと思う。別にやりたくてトレンドの呟きをしてたわけじゃないのでダメージはない。

もう開き直ってブログの宣伝だけするかな。大手のブログをみてると、みんなURL付きのツイートしかしてねえし。これで俺だけ規制されたらホンマモンの糞だわ。

まあツイッターアカウントなんてBANされても痛くも痒くもない。むしろ開き直れるからせいぜいするかも。

とにかく、もう少しツイッターでの宣伝を続けてみようと思う。宣伝ツイートなんてすぐできるし。その結果はまた後ほど報告する。