【寒さ対策】豪雪地帯に住む人間が行っている究極の寒さ対策【節約】

もう11月です。すっかり寒くなってきて冬の足音が聞こえてきました。豪雪地帯に住まれている方々はそろそろスノータイヤに履き替えないといけませんね。

寒くなってくると何をするのも嫌になってきます。できることならずっと布団の中でヌクヌクしたいくらいですが、そういうわけにもいきません。

あなたは家の中ではどんな寒さ対策してますか?

エアコンやストーブをつけっぱなしにすれば、いつでも快適に過ごせますが当然お金がかかります。エアコンの暖房は冷房よりも電力が掛かりますので電気代が大変です。

部屋着を工夫すれば暖房費の節約になるかもしれません。暖かい格好に身を包めば、過剰に暖房を入れる必要がなくなるので光熱費の節約になりますからね。

部屋着を工夫する

インナー

もはや定番ですが、やはりヒートテック系のインナーがオススメです。ユニクロだけでなく、しまむらやイオンでも同類の商品を扱っているので買いやすいです。

ヒートテック系のインナーは人によって肌がカブれる場合もありますので、新品を使用するときは一度洗濯してから着用するのをオススメします。

上着

やっぱりスウェットが楽で温かいと思います。何より安いです。私はしまむらで買ったシンプルなスウェットを着てます。とてもオシャレとは言えませんが部屋着ですからこれでいいのです。

着る毛布

着る毛布はオススメですよ。着る毛布はグルーニーやフーモプレミアムが有名なのかな。楽天でも毎年このシーズンになるとよく売れているようですね。

私が買った着る毛布は地元のホームセンターで買った安い商品です。だからちょっと小さめなんです(笑)

それでもかなり暖かいですから、グルーニーのように売れてるものを買えばもっと暖かいかもしれません。

「着る毛布」はイオンやニトリなどの有名店でも販売していますので、一度も買ったことが無いならこの機会に買ってみてはどうでしょう。

足冷え対策

冷えは足元からとよく聞きます。ここでは足冷え対策としてオススメの暖かいスリッパや靴下を紹介したいと思います。

まずはオススメのスリッパから紹介していきます。スリッパには通常のスリッパとヒーター内臓のスリッパがあります。

それぞれメリットがあるので適材適所で使うといいでしょう。

USBあったか爽快スリッパ ブラウン

これはヒーター付きのスリッパです。USB接続なのでPC作業のときにぴったりですね。ちなみにこのUSBケーブルは取り外せるので普通のスリッパとしても使用可能です。サイズは2種類あるので男女ともに使えます。

歩ける暖ったかスリッパ

こちらもヒーター付きのスリッパです。別売りの充電電池を購入すればどこでも使うことができます。サイズは一種類です。サイズ的に女性向けですね。男性には小さいと思います。

足の冷えない不思議なスリッパ

電気を使わないのでエコです。保温性に優れたスリッパです。サイズは23cmから25cmなので女性にぴったりかも。

NEWムートン スリッパ

こちらも電気を使わない普通のスリッパです。天然の羊毛を使用しているのでみるからに暖かそうです。サイズはフリーサイズです。女性は問題なく利用できると思いますが、男性は少しキツイかも。価格は1,980円です。

ピップ 足もと快適シリーズ あったか靴下

次はオススメの暖かい靴下を紹介していきます。遠赤外線の効果により足を暖めます。ハイソックスタイプになります。色は二種類あるのでお好みでどうぞ。価格は1,000円ほどです。

足の冷えない不思議なくつ下

この靴下は様々な種類があります。レギュラータイプとハイソックスタイプとつま先タイプがあります。他には就寝用の靴下なんてものもあります。これだけの種類があれば自分にピッタリな靴下を使えそうです。

ふかふか厚手ソックス

厚手だけど活動しやすいので登山者に愛用者が多いソックスです。女性用と男性用があるので男性も履きやすいのではないでしょうか。

部屋の防寒対策

次は自分でできる部屋の防寒対策を紹介していきます。

防寒対策において窓はホントに重要です。対策なしの窓際に座ってみるとわかると思いますが窓際はホント寒い!

窓がしっかりしていないと、寒い空気が外から入ってるだけでなく、暖かい空気も外に逃げてしまいます。まさに踏んだり蹴ったりです。

二重窓などの防寒耐性のある断熱窓に換えるのが一番ですが、部屋に業者さんを呼ばなければいけないので、あまり気乗りしない人も多いでしょう。それに当然ですが費用も結構掛かります。

ぷちぷち

窓に市販のぶちぷちを貼りましょう。簡易の二重窓効果があります。安くてそれなりに効果もあるのがいいところ。ぶちぷちの効果は多くの人が認めているので安心して付けることがでるはずです。

ダンボール

ダンボールを貼る。ダンボールも防寒対策があります。ダンボールは無料で貰えたりするので気軽に試せます。欠点は外からの見栄えが悪くなるところです。

遮熱カーテン

普通のカーテンでは効果は薄いので遮熱カーテンを使いましょう。窓よりも長くするのがポイントです。

ハニカムスクリーン

ハニカムスクリーンは聞いたことがない人もいるかもしれません。簡単に言えば断熱対策されたブラインドのようなものです。

ペアガラスにする

熱がもっとも逃げやすい窓を変えましょう。高い断熱効果があります。費用は掛かりますがオールシーズン有効ですのですぐに元は取れるでしょう。

窓下ヒーター

窓下ヒーターとはその名の通り窓の下に設置するヒーターです。窓から冷気が入ってくるならそれを温めてしまえってことですね。

扇風機を回す

扇風機を弱でもいいので回しておきましょう。暖かい空気は上に集まる性質がありますよね。扇風機を使って暖かい空気を部屋中に効率よく拡散させるわけです。エアコン付近の温度とエアコンから離れた場所の温度とでは約5度も差が付くこともありますので、勿体無いです。

カーペット

遮熱カーテンと同じ効果が期待できます。床からも熱は逃げますからね。

隙間テープ

100円ショップでも売ってますよね。これを使って寒い隙間風を防止しましょう。部屋の暖かい空気を逃がさない効果もあります。

体を温めてくれる食べ物

エアコンは我慢出来ても食事は食べないわけには行きません。

体が冷えきったときに食べるホカホカの食べ物は格別に美味しいですよね。生きててよかったと実感できるときです。

せっかく食べるなら体を温めてくれる食べ物を食べれば一石二鳥です。

温かい食べ物なら大抵体を温めてくれますが、その中でも特に体を温めてくれる食べ物を大公開しちゃいます。

どれも美味しいものばかりですよ!

生姜スープ

生姜の効用で体もしっかり暖まります。ご自分で生姜スープを作るのもいいですが、市販の生姜スープの素を使うのも楽でいいです。

沸騰したお湯を注ぐだけで簡単に生姜スープの出来上がりですから。商品によっては甘めだったりするので生姜が苦手のな人も飲みやすいかも。

生姜湯

こちらも生姜系の飲み物です。私は親の影響で生姜湯が好きなんですよ。小さい頃よく親が作ってくれました。コンビニの温かいドリンクコーナーに生姜と柚子を混ぜた飲み物が売ってたりしますよね。

味噌汁

味噌は体を温めてくれる効果があります。寒い日の味噌汁は特に美味しいですよね。ネギを刻んで入れれば温め効果が増えますよ。

きんぴらごぼう

ごぼうと人参を甘辛く炒めて、仕上げに七味唐辛子を振りかけて食べれば体を温めてくれるおかずになりますよ!

餃子

ニンニク、ニラ、長ネギはどれも体を温めくれる効果があります。

かぼちゃスープ

かぼちゃも体を温めくれますよ。玉ねぎなどお好みの食材いれて召し上がれ。

キムチ鍋

寒い日のお鍋は鉄板です。簡単に作れるのもいいですよね。辛いものは体を温めてくれるのでキムチ鍋がオススメ。

ホットミルク

寒い冬に定番のホットミルク。牛乳に少し砂糖を入れて電子レンジでチンするだけ。寝る前に飲めばグッスリ眠れます。

甘酒

米から作る日本伝統の飲み物です。ひな祭りでおなじみですね。温めて飲むと体もポカポカしてきます。

ポタージュ

寒い季節に飲む暖かいポタージュは美味しいですねえ。冷えきった体も温まります。昔、自販機のポタージュをよく買ってました。

ココア

温かいココアは美味しいですよね。血流をよくしてくれる効果があるので冷え性にいいんですよ。

白湯

ちょっと毛色が違いますが紹介します。白湯とはただの水を沸騰させたものです。白湯をすするのは意外と体が温まりますよ。内臓から体が温まる感じです。

体を温めてくれる食材まとめ

ここで体を温めてくれる食材をまとめてみます。

  • 生姜
  • にんにく
  • 長ネギ
  • 玉ねぎ
  • 辛いもの
  • 塩辛いもの

こうやってみてみると刺激の強いものが多いですよね。こういった食材を上手く取り入れて寒い冬を乗り切りましょう!

その他の寒さ対策

加湿器を使う

冬は加湿器を使いましょう。湿度が高いと暖かく感じやすいのです。加湿器を使いながら暖かい格好で過ごせばエアコンは弱めでも大丈夫です。

これなら電気代を節約しながら快適に冬を過ごせますよ。

掃除

エアコンの掃除はかなり大事。フィルターが汚れていたらどうしても効率が落ちます。今まで一度もエアコンの掃除をしたことがない場合、掃除をするだけでかなり効率が違います。

掃除をするタイミンは季節の変わり目がベストです。これから本格的に寒くなる前に今のうちにしっかり掃除しておきましょう。

エアコンを掃除をする場合は、このような商品がありますのでこれを使えばエアコンの内部まで綺麗にできます。使う場合はちゃんと説明を読んでから使いましょうね。

体を動かす

寒いからといって動かずにいると余計に寒くなりますよね。積極的に体を動かしましょう。ラジオ体操もいいかもしれません。

湯たんぽを使う

地味ですが意外と暖かいですよ。湯たんぽを買ってしまえばあとはお湯を入れるだけですからお手軽です。

狭い場所に閉じこもる

最後に究極のテクニックを教えます。

それは狭い場所に閉じ篭もることです。例えば押入れです。冗談だろって? いえ、半分冗談で半分本気です(笑)

押入れって結構暖かいですよ。こういう狭い場所は自分の体温だけで暖かくなります。

普通の押し入れには明かりなんてないと思うので明かりを持って閉じこもりましょう。そこで読書するのもよしスマホいじるのもよし快適押し入れ生活です。

最後に

いかがでしたか?

紹介してきた数々のテクニックを駆使すればエアコン無しでも乗り切れるのではないでしょうか。ぜひ、この記事を参考にして電気代を節約して快適に冬を乗り切ってくださいね。