自己暗示で自分を変えたい人へ

絶対にやり遂げたいことがあるなら自己催眠の力を使って目標を達成するのも悪くない

どうしても成功したいのに何度も失敗してしまう。本気でダイエットしたいのに暴飲暴食を繰り返してしまう。

自分の力だけで成功できないなら、催眠の力を借りてみたらどうだろう。催眠なんて突拍子のないことを言っているように聞こえるかもしれない。

でも、病的な肥満の人は催眠の力でもなんでも借りて、食事に対する意識を強制的に変えてもらったほうがいい。

催眠が上手くいけば、あなたの食欲が今よりも減って、暴飲暴食も少なくなり、楽にダイエットができるようになる。

暴飲暴食を繰り返してしまう巨デブこそ、催眠ダイエットが向いているといえる。

ただし、催眠ダイエットは少し根気がいる。催眠を毎日行う必要があるので、飽きっぽい人は続かないかもしれない。時間もそれなりに掛かるので、腰を据えてチャレンジする必要がある。

催眠は怖くない?

でも催眠とか、なんとなく胡散臭いし、少し怖いと思う人も少なくないだろう。だから、本当に最終手段として紹介している。

どうしても痩せられなくて、にっちもさっちもいかなくなった人だけが試してみるといい。

でも、必要以上に怖がることもない。

ここで紹介している催眠ダイエットを何度か試してみたけど、何か問題が起きたことなんて一度もない。

願いがかなうクイック自己催眠について

「願いがかなうクイック自己催眠」という本を購入した。タイトルで分かる通り、これは自己催眠の本である。

催眠なんて胡散臭いかもしれないが、一流のスポーツ選手も取り入れているものだ。

スポーツ選手が行なうルーティンは暗示のようなもので自己催眠の一種である。

決められた動作をすれば集中力を高めることができると自己催眠を掛けているわけだ。

最近、「おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本」という本が人気ある。この絵本を子供に読んで聞かせれば、簡単に寝かしつけることができるのだ。この本も催眠を応用している。

このように催眠は色んな所で使われているものなので、決して怪しい類のものではない。もしかしたら近々催眠ブームが来たりしてな。

俺にはどうしても成し遂げたいことがあるのだ。そのためなら自己催眠でもなんでも使ってやる。

「願いがかなうクイック自己催眠」は自己催眠の本の中では評判がよかったので購入した。

ネットで購入したので家に届くまで時間がかかる。それまで自己訓練法でもしておくかな。自己訓練法は自己催眠の練習になるだろう。

どうしても催眠が怖いなら、自己催眠ダイエットというのもあるので、そちらを試してみるといいだろう。自分で自分に催眠をかけるのだから、怖さはあまりないはずだ。