アルビスと大阪屋は犬猿の中?どうして仲が悪いのか調べてみた

スーパー

今回は富山のスーパーの話です。

富山のスーパーはアルビス、大阪屋ショップ、バロー、オレンジマート、サンコー、マックスバリュなどが有名です。

富山県民でスーパーをよく利用する人なら気付いている人も多いと思いますが、アルビスと大阪屋ショップは非常に仲が悪い!!

実際、「アルビス 大阪屋 仲が悪い」で検索して来られる方が結構いるんですよ。

みんな、なんとなく気付いている人が多いのでしょうね。

例えば大阪屋ショップがある場所で新店舗をオープンさせたとします。すると、すぐに近くにアルビスが新店舗をオープンさせて大阪屋ショップを潰そうとするのです。

そして両社で値下げ合戦やポイント10倍合戦が始まるわけです。これは富山県民ならお馴染みの光景です。

地元民にとっては値段が安くなるのは嬉しいことだけど、どうして両社はこんなにも仲が悪いのだろう。

バローやサンコーやアップルサンショウなどの他のスーパーチェーンは、あまりそんなことは感じさせないのに、アルビスと大阪屋ショップだけは露骨に潰し合いをしている。

私は気になったので食品スーパー業界の関係者から話を聞いてみた。そこから聞いた事実は驚くべき富山県民の陰湿体質だった。(大げさ)

仲が悪い理由

アルビスと大阪屋ショップの仲が悪い理由アルビスは食品卸業も営んでいる大企業である。最初、大阪屋ショップはアルビスから商品を仕入れていた。

大阪屋ショップはいわばアルビスの仲間だったわけだ。しかし、大阪屋ショップはアルビスグループを離脱してしまう。

大阪屋はなぜ離脱したのだろう。

富山にはかつてハイトマトというスーパーがあった。ハイトマトは大阪屋ショップのライバルはだった。スーパーの規模もその頃は同じくらいだったからまさにライバルとして相応しい。

大阪屋ショップとハイトマトは戦いを繰り広げる。結果は大阪屋ショップの圧勝。

大阪屋ショップはどんどんチェーン店を増やして大きくなり、かたやハイトマトは潰れかけになってしまう。

そこをアルビスグループに救われて、ハイトマトはアルビスの直営店となった。

アルビス的には直営店のハイトマトと取引先の大阪屋ショップとでは、やはり直営店のハイトマトが可愛いわけだ。

アルビスはハイトマトを優遇するようになる。

取引先の大阪屋ショップとしてはそれが面白く無い。だから大阪屋ショップはアルビスとの取引を止めた。

大阪屋ショップが大きくなってきてからのアルビスグループからの離脱だったのでアルビスも面白くなかったのだろう。

両社に決定的な角質が生まれた瞬間だった。

このような確執が生まれたのはかなりの昔の話になる。もう10年以上経つはずだ。いまだに両社は争っているのだからお互い本当にしつこい。

そういえば今のアルビスの幹部はハイトマト出身が多いようですね。意外とハイトマトはやり手なのかも。

最期に

いかがでしたか?

ちなみに私が好きなスーパーは大阪屋ショップでもアルビスでもありません。

バローです。私はバローをよく利用します。

アルビスや大阪屋ショップと違って、バローは富山発のスーパーではありませんが、なんか好きなんですよ。

マイペースな感じがして買い物をしていても落ち着く。

ちなみに、ここで書いたのは聞いた話によるものなので、どこまで本当かはわかりません。話半分で聞いておくのがよろしいかと。