英文読解は難しくない!早めに英文解釈を学べば長文を読むのが楽になる

暑い日が続きますが、今日も元気に英語を学んでますか?

英語を学ぶ上で、ひとつ言いたいことがあります。

「英文解釈は便利だから早めに学べ!」ってことです。この記事で言いたいことはこれがすべてです。

どういうことか説明していきますね。

英文解釈とは?

その前に、簡単に英文解釈について説明しておきます。英文解釈とは、要するに「英文を正しく読む技術」のことです。

簡単に説明するとこんな感じです。

これがSでこれがVでこれがOで・・・修飾語は()で囲んで・・・。これは接続詞で・・・。

こうやって、英文を分解していって骨組みを分かりやすくして、英文を正しく理解できるようにするのが英文解釈というわけです。

英文解釈を後回しにするな

英語ができない人ほど、英文解釈を後回しにしてしまう傾向があります。「解釈」という響きが難しそうな感じがして後回しにしてしまうんですよね。

まあ、ボクのことですが(笑)

もっと完璧に英文法を理解してから英文解釈を学んだほうがいいような気がして、ずっと後回しにしてました。

でも、スタディサプリの動画講義をみて、「英文解釈スゲー!」ってなったのを覚えています。英文読解を学んでから英語長文を読むのがかなり楽になりました。

ぶっちゃけ、英文解釈なんて大して難しくありません。サッサと学んでおくべきでした。なんで後回しにしてたんだろう。やっぱ独学だけじゃ駄目だな。

もっとも簡単な英文解釈の方法

もっとも簡単で効果も絶大だと思ったのが、修飾語句を()って囲むという方法です。

修飾語は英文の要素として不要なので、()で囲んで除外するわけです。これをするだけ英語長文はかなり読みやすくなりますよ。

修飾語句は前置詞と名詞のセットなので、前置詞と名詞のセットを見つけたら()で省きましょう。

次にSVを見つけます。

英文の最初にある前置詞のない名詞は絶対に主語になりますよね。基本的に英文はSVという並びで作られてるわけですから。

主語が分かれば動詞も分かるはずです。基本的に主語の近くにありますから簡単です。動詞は助動詞とセットになってることもありますよ。

Mを()で省いて、SとVさえ分かってしまえば、もう英文を理解できたのも同然です。それ以外の英文の主要素はOとCしかないのですから。

Oは一般動詞の後ろにつく名詞(代名詞)の事ですから、SVが分かればすぐに分かります。

Cはbe動詞系にしかつかないので、すぐに分かると思います。

こうやって英文を分解していけば、今まで以上に英文を簡単に読めるようになるはずです。英文解釈の威力ってこういうことなんですよ。簡単ですよね。

最期に

いかがでしたか?

英文解釈は簡単だということは分かってもらえたと思います。

英文解釈を早めに学ぶべきと言いましたが、ある程度の英文法は知っておかないと駄目ですよ。「SVOCM?なにそれ美味いの?」状態だとさすがに難しいので。

自信のない人は軽く英文法を復習してから英文解釈をやりましょう。

人気記事