Bauhutteのスタンディングデスクを使ってみた感想と効果

スタンディングデスク

Bauhutteの昇降式スタンディングデスクBHD-1200HをAmazonで購入しました。

当時の価格は15,956円でした。私はAmazonで購入しましたが、なぜか小さいサイズよりも安かったのです。一番大きなサイズなのに一番安かったのです。実に不思議です。

前からスタンディングデスクに興味はあったものの、なかなか手を出せないでいました。

お金の問題というより、2階の自分の部屋に運んだり、組み立てたりするのが面倒くさそうなので、躊躇していたのです。

しかし、意を決して購入。せっかく購入したので、BHD-1200Hのレビューをしてみます。

ネットを見ていると、BHD-1200Hをレビューしている人があまりいません。youtuberとかもまったくレビューしてないので、この商品って人気ないのかなあと少し不安になってきます。

ともかく、レビューをしている人が少ないのなら、私がレビューをしようと思い立ったわけです。

購入を考えている人の参考になれば幸いです。

スタンディングデスクは勉強が捗る

なぜ、わざわざスタンディングデスクを購入したのか。

それは集中力がアップするからです!( ̄ー ̄)ニヤリ

座って作業するよりも、立って作業したほうが集中力が増すんですよ。つまり、勉強や仕事が捗るというわけ。

聞くところによると、座り過ぎは健康に悪いとも聞く。寿命が縮むとまで言う人もいる。まあ、ここらへんは正直疑ってますけどね。

寿命のことは置いておいて、スタンディングデスクには他にも様々なメリットがあるみたいだけど、私はほとんど勉強や仕事の効率を上げるために購入したようなものです。

スタンディングデスクのメリットが気になるなら、それを書いている記事は他にたくさんあるのでそっちを見てくださいな。この記事はあくまでもレビュー記事なので。

スタンディングデスクのスペック

このスタンディングデスクのサイズは幅120cm奥行45cmある。キーボードスライダーも含めると奥行きは約72cmになる。

私の部屋には少し大きいかもと思ったけど、大は小を兼ねるとも言うし、他のサイズよりも価格も安かったので、思い切ってこのサイズに決めた。

で、実際のところ、やはり少し大きいかったかなという印象。もうひとつ小さいなサイズでよかったかも。まあ安かったからいいんだけどね。

色は黒を選びました。

この商品の色は白と黒の2種類から選べますが、私は黒をオススメします。

たんに黒が好きだからという理由ではありません。白は光が反射するからです。環境によっては、その反射した光がディスプレイに映り込む場合があって、ディスプレイが少し見にくくなることがあるのです。

それだけではなく、光の反射を利用したトラッキング方式のマウスを使っている場合、白の机だと動かなかったりするので、絶対に白じゃないと嫌だという人以外は黒にしておいたほうが無難かと。マウスパッドを使う人には関係ない話ですが。

商品到着

商品がようやく届いた。2週間くらい掛かったかな。Amazonにしてはかなり時間がかかった。商品が梱包されたダンボールは思っていたよりも小さくて(それでも大きいけど)、すぐに2階に運ぶことができた。

組み立てる

早速組み立て開始。難しいところは特になかったけど、ひとりでやる場合はそれなりに時間が掛かりますね。

あと、当たり前のことかもしれないけど、スタンディングデスクを置きたい部屋で組み立てたほうが楽ですよ。組み立ててしまったら運びにくくなるからね。下手したら、部屋に入らないという可能性もあるので部屋の中で組み立てたほうが確実です。

あと、Amazonレビューで高さ調整がやりにくいと書いている人がいるけど、それは正しいやり方をしていないのだと思われる。

レバーを押しながら高さ調整をすれば、スムーズに動かせる。一人でやる場合は、注意してやるように。

スタンディングデスクが快適だからといって、いきなり長時間立ち作業をしないこと。調子に乗って何時間も立ってたら少し腰痛めました。

ビフォーアフター

前使っていた机です。

スタンディングデスクを設置したらこうなりました。

最後に

いかがでしたか?

最後に、このスタンディングデスクを利用した感想だけど、確実に集中力が増しています。時間がすぐに経ってしまいます。

どうにも集中力が続かない人はスタンディングデスクに変えてみたらどうでしょう。少なくとも私の集中力はこれでアップしました。