孤独は最高だった!ソロ充のススメ。孤独に強くなればメリットだらけ

この記事は約10分で読めます。
スポンサーリンク

孤独叩きするキョロ充

孤独が悪い人だと思っている人は多い。そういう人は他人との繋がりをもとめてSNSやTwitterなどをして、孤独感を埋めようとしていたりする。

必要以上に孤独を恐れていると、孤独感に付け込まれて、詐欺に合う可能性もある。最悪、身の危険にまで発展するかもしれない。

インターネットで気軽に他人と繋がれる時代だからこそ、孤独に強くなることはこれからの時代必須なのかもしれない。

孤独を叩いている人間は100%キョロ充の法則

ネット上では孤独叩きが本当に多い。

だが、孤独叩きなんて気にしないほうがいい。根拠がまるで意味不明である。孤独叩きしている人間も孤独なのだ。同族嫌悪というやつだ。

インターネット上では孤独叩きが盛んである。ぼっちや独身なども孤独叩きに含めると、その数はかなり多い。

  • ボッチかよwコミュ障乙
  • 孤独死確定だな
  • 子供部屋おじさんかよw

こんな感じで誹謗中傷してくるのがお決まりである。

なぜ彼らは孤独者を叩いてくるのだろう。

他人のことなんてどうでもいいではないか。他人が一人でいようが、複数でいようが、お前らにはまったく関係ないではないか。

孤独叩きしている人は他人が気になって仕方ないんですよ。

孤独を叩く人間はキョロ充である

まず最初にキョロ充について説明する。

キョロ充とは、いつも仲間を探してキョロキョロしてる輩のことである。リア充の金魚の糞といえば分かりやすい。

孤独者を叩いてる連中は確実にキョロ充である。なぜ、そこまで断言できるのか。難しいことはない。考えてみればすぐに分かる。

  1. 孤独者を叩いてる人間は、当然ながら孤独が悪だと思っている。
  2. ということは、自分がひとりでいるときは、悪いことをしていると感じているということになる。
  3. 孤独を回避するために誰かと必死で群れる。
  4. それは立派なキョロ充である。

分かりやすいです。こう考えると、たしかに孤独叩きをしている人間はキョロ充になりますね。

キョロ充はリア充に憧れているからではなく、たんに孤独が怖いからリア充とつるんでいるのだ。

リア充はそれに気付いている。だからキョロ充はリア充たちから嫌われている。キョロ充なんて言葉が出来たのは、リア充たちからウザがられているからだからな。

キョロ充はいつまでもぼっちを叩いていないで、まずはソロ充になるべきだ。孤独が怖いから人とつるんでいるようでは、いつまでたってもリア充になれない。

真の自立者はひとりを好む

孤独に強くなる

孤独者を叩いてる人間は、自分は孤独ではないつもりなのだろう。だが、それはまだ顕在化してないだけだ。もしくは、自分自身を偽っているだけかもしれない。

孤独を叩いてる人間は精神的に未熟である。

人間が精神的に成長していけば確実に孤独になる。正確には、ひとりで行動しても平気になるから、他人からは孤独に見えるのだ。

これが真の『自立』だ。

自立とは経済的な意味だけではなく精神的な意味もある。いつも誰かと一緒じゃないと不安な人は自立しているとは言えないだろう。

たしかに、いつまでも親離れできない人間は自立しているとは言えませんよね。

そもそも孤独は悪ではない

そもそも論として孤独は悪ではない。それなのに、なぜ孤独を叩く人間がこれほど多いのか。

答えは簡単。そのように洗脳されているからだ。孤独に強い人間が増えたら困る業者が孤独は悪だと必死で洗脳しているのだ。

洗脳しているかどうかは分からないけど、たしかに困る業者は多そうです。

影響されやすいキョロ充たちが見事に釣られて洗脳されてしまっているわけだ。

そんなものに乗ってはいけない。誰でも、いずれは孤独になる可能性はあるということを忘れているのだ。

孤独叩きにまともな主張なし

孤独を叩いている人間でまともな主張や根拠を見たことがない。

我こそは思うなら「ひとりでいることがなぜ悪いのか」の根拠を是非、語って欲しい。

どんな主張が来ても私は論破する自身がある。

私をねじ伏せたいなら最低でも、

  • なぜ孤独が悪なのか
  • あなたは一生誰かと群れて生きるつもりですか?
  • あなたはひとりになったことがないのですか? ひとりになったときは誰にどんな理由で悪いと思ってたの?

この3つについて論破できるくらいに理論武装して欲しい。まず、まともな反論は来ないだろう。

孤独の健康被害

これもよく言われることだが、孤独者は寿命が短いなどと言われることがある。

寿命が短い人間たちが孤独と感じていたかなんて、なぜ分かるんだろうか。死ぬ前に「あなたは孤独でしたか?」と聞いたのだろうか。

要するに、

  • 独身だから孤独に決まっている
  • 孤独者は全員不幸に決まっている

このような、ただの決めつけによる調査なのだ。こんな調査は信用できない。

そもそも人間は大なり小なり、すべて孤独を感じている。孤独を感じているから、孤独から逃れようと交流するのだ。死んだ人間が孤独だったなんて当たり前の話である。

断言するが、これから先は孤独が当たり前になってくる。当たり前になってくるから、自分は特別不幸だなんて思う人は少なくなってくる。

孤独が普通になってくるのだ。今の孤独者は時代の先端にいるのだ。

孤独のメリット

次に孤独のメリットを紹介する。孤独に慣れている人にとっては孤独は最高の贅沢となる。

孤独に強くなるメリットは、

  • 使う時間が増える
  • 自由になれる
  • 余裕ができる

これだけあるのだ。だからこそ早めに孤独に慣れておいたほうがいい。

まさに、ソロ充ですね!

それぞれ、ひとつずつ紹介していく。

使える時間が増える

孤独になれば使える時間が増えます。

なにせ、くだらない人間関係に時間を取られることなく、すべて自分の好きなように時間を使えるのですから、これほどの贅沢が他にあるでしょうか。

孤独になれば自由な時間が増えるわけですね。これが最大で最強のメリットです。

自由になれる

孤独は自由になれます。

周りの人間に合わせるために流行を追うこともなくなりますし、世間体に縛られることもなくまります。

余裕ができる

ひとりになると余裕ができます。

周りの景色がよく見えるようになります。今まで常識と言われてきたことが嘘であると気づきます。ひとりになることで、今まで以上に物事について客観的に見られるようになります。

こればかりはやってみないとわからないことです。

孤独を癒す方法

個人的に孤独を恐れる必要はまったくないとは思うが、孤独に耐えられないという人もいるだろう。

そこで今回は孤独を紛らわす方法を考えてみる。

ペットを飼ったり、植物を育てる

まず思いつくのはペットを飼うことだろう。犬や猫、鳥、亀、熱帯魚、爬虫類など色々ある。最期まで責任を持って飼えるならなんでもいい。

今までペットを飼ったことない人はよく考えてから飼い始めること。ペットを飼うのは思いのほかお金が掛かる。

植物を育てるのもいい。花や盆栽などを育てよう。

特に盆栽はオススメ。盆栽というと、少し年寄り臭い感じがするけど盆栽と長く付き合っていくとペットのように愛着が湧いてくる。

野菜や果物などを育てるのもいいかも。

テレビやラジオやネット

テレビやラジオをつけっぱなしにするのは誰にでも簡単にできる孤独対策。ひとり暮らしの人だと意味もなく付けている人は多い。

ネットも簡単にできる孤独対策だ。

SNSや掲示板などを利用すれば手軽に孤独を癒せる。根本的な解決策にはならないが。

ぬいぐるみ

ぬいぐるみや抱きまくらも孤独を癒やすのにいい。

ぬいぐるみは女の子の物だけではない。おっさんでもぬいぐるみを抱いて寝れば効果があるぞ。

独りなんだから恥ずかしがる必要はない。

タルパを作る

タルパとは所謂「見えないお友達」を作ること。エア友達ともいう。

正直、抵抗ありそうな人が多そうだが、有名ライトノベルのヒロインもやっている由緒正しきもの。

人前でやっていたら危険人物扱いになるで気をつけよう。

仕事に生きる

ひたすら仕事をするのだ。

暇さえあれば仕事。寝る以外は仕事。仕事の休み時間も別の仕事をするレベルまで行けば孤独なんて感じなくなる。

お金も稼げて一石二鳥。

趣味に生きる

なんでもいいから趣味に没頭すること。まずは没頭できる趣味を見つけよう。

なるべく一人でできる趣味がいい。

アウトドア派なら釣りや登山や旅行。インドア派ならゲーム、お絵描き、読書、映画鑑賞などがある。

あなたにぴったりの趣味を見つけよう。

特に読書はオススメだ。一生を掛けても読みきれないくらいにたくさんの本があるからだ。面白そうだと思った本を片っ端から読んでいこう。

読書とは他人の思考を覗くこと。読書をしていると孤独感なんてあるわけがないのだ。

それに教養も身につけることができる。内容の濃い本を読むことは何事にも変えられない幸せだ。

生涯学習をする

もし満たされない毎日を過ごしているのなら、何か生涯学習にチャレンジしてみてはどうでしょうか。毎日、勉強に打ち込むのはとても健全で素敵なことです。

市販の参考書を使えばお金も大して掛かりません。マイペースでできるし、知性も身につく。

例えば資格や検定などにチャレンジするのもいいかもしれません。世の中にはたくさんの資格や検定があります。

その中にはあなたにピッタリの資格があるかもしれません。

仕事で忙しくてなかなか時間がないかもしれませんが、プライベートでも目標を持つと生活に張りが出てくると思いますよ。

いくつか生涯学習を紹介してみます。なるべく実用的な物を選んでみました。

英検

英語は実用度ナンバーワンです。インターネットをよくされるかたなら英語が出来ると世界が広がります。英検はスピーキングのテストもありますので英会話にも使えます。英検1級を取得することが出来たら、周りからも一目置かれるのではないでしょうか。

TOEIC

直接的に英語を使う仕事でなくてもTOEICが出来ると評価してくれる企業は多いです。TOEIC800以上あれば評価されてくると思います。

簿記

ビジネスにはもちろん、日常生活にも役に立つ優れものの検定です。企業の数字を読むときに使う検定なので株などにも使えます。

ビジネス文書検定

ビジネスに使えます。正しい文書を書ける人間が少なくなってきているみたいですから、強い武器になるのではないでしょうか。年齢に相応しい文章を書きたいものです。

秘書検定

ビジネスにおける一般的なマナーを学べます。なかなか役に立つ検定だと思います。

FP(ファイナンシャルプランナー)

資産運用に使えるだけではなく、保険や年金などのお金に関することも総合的に学べます。

孤独に強くなる方法

孤独に強くなれば、癒やす必要もなくなります。そこで、孤独に強くなる方法を考えてみます。

本を読んでみよう

孤独に関する書物は多い。しかし、どれもこれも「孤独なんて気にするな」という本ばかりで、実際に孤独に強くなれる方法は書いていない。

オススメの孤独本を紹介しておく。本のタイトルは「孤独」だ。実に分かりやすい。

「孤独であるためのレッスン」という本もオススメだ。 これはNHK出版の本だ。孤独に強くなる方法がたくさん書いてある。古くて地味だけど孤独書の中ではかなりの良書だと思う。

ひとり暮らしを経験しておく

孤独に強くなる方法としてひとり暮らしを経験するのも悪くない。

なるべく若いときにひとり暮らしを経験しておこう。

若いときにひとり暮らしを経験しておくことはとても大切なことだ。

ずっと家族と暮らしてきた人が、中高年になってからいきなりひとり暮らしをすると、孤独に押しつぶされそうになる人が多い。

最近よく言われるようになった「子供部屋おじさん」である。これは一人暮らしの経験のない実家住まいの中高年者たちを指す言葉だ。当然だが「子供部屋おじさん」には「おばさん」も入っているので気をつけよう。

孤独で鬱になるのはほとんどは離婚した中高年男性だという事実がある。

幸せな家庭を築いていればいるほど、よりいっそう孤独が辛くなる。耐えられなくなる。

だからこそ、なるべく若いうちに孤独耐性をつけておくべきなのだ。早いうちに耐性を付けておけば、いざというよりにも耐えることが出来る。

もしあなたが離婚した中高年男性なら、一刻も早く孤独対策をしたほうがいい。

突然孤独になると鬱になる可能性が高いです。なるべく早いうちに、一人暮らしを経験するのが得策です。いざというときでも家族がいるという安心感があると精神的に一人暮らしを始めやすいのです。

最期に

キョロ充はいつまでキョロ充でいるつもりなのだろう。このまま一生、精神的に自立しないで孤独を恐れながら誰かと群れていくのか?

覚えておくといい。

孤独を叩いてる人間は、いずれ自分に強烈なブーメランが返ってくる。人間なんてみんな孤独なのだ。天に唾を吐く行為を平気でしている。

孤独なりたくないから誰かと群れているような奴は孤独と一緒である。

願わくば、キョロ充たちも孤独を過剰に恐れることなく、自立をしてもらいものだ。

この記事があなたの役に立てば幸いだ。