電子書籍ゴリ押し時代にあえて紙の本の良さをまとめてみる

ここ数年、電子書籍のゴリ押しが凄いですね。通販とかでも電子書籍だけメチャクチャ優遇していたりします。価格とかポイントとかでね。

なんか嫌なんですよね。こういうの。まるで電子書籍を使いなさいと強要されているみたいじゃないですか。

ネット上の電子書籍派の意見を見ていると、まるで自分たちは情強だと勘違いしているような意見が多い。

紙の本を使っている人間を猛烈な勢いで見下してくる。老害だの情弱だの散々な言い様だ。電子書籍だろうが勝手に読めばいいが、いちいち紙の本を使っている人間を見下してくるな。

それに、私から見たら電子書籍派のほうが、よほど情弱であり老害である。

電子書籍派たちの言い分

電子書籍派がよくあげる電子書籍のメリットを紹介する。このメリットにひとつひとつ反論していくとする。

本の場所を取らない

家に置いてある本は何度も読むに耐えうる名著だけ。

数少ない名著の中でも自分に必要な名著となると100冊もあればいいところだ。100冊なんて大した量ではない。だから大して場所なんて食わない。

本を少しでも読む人間なら分かるはずだが、ほとんどの本は駄本である。

置く場所に困るのほどの大量の本を持っている人は自分が駄本コレクターだと言ってるのと一緒である。私は駄本コレクターではない。だから電子書籍は不要なのだ。

ちなみに漫画は漫画喫茶やレンタルして読むから家にはまったく置いてない。

本を持ち運ぶにのに便利

本の持ち運びに苦労なんてしたことがない。だから、まったくメリットにならない。本の持ち運びに苦労するような人間って、一体どんな本を持ち運んでいるのだろうか。

デカイ大型本を持ち運んでいるのか?

大量の本を持ち運んでるのか?

想像しただけでマヌケである。こんなものをメリットに上げるな。

劣化しない

読めなくなるくらい劣化したら新しい本を買えばいいだけ。ボロボロになるくらい何度も読んだ本なら新しく買うのも厭わないはずだ。

そもそも、電子書籍だって読めなくなることがあることを忘れている。ダウンロードできなくなるとまったく読めなくなるのだから、劣化どころの騒ぎじゃない。

価格が安い

たしかに価格は電子書籍のほうが安い。セールをしたり無料配布をしたり、さらには電子書籍読み放題なんてサービスもある。

価格の面では電子書籍のほうが間違いなく有利である。

中古なら紙の本でも安いのがあるけど、そこまで安くなるのはかなり時間が立たないと無理だ。新しい本だと中古でも新品並の値段で売られている。

ただし、私は価格の安さで本を選ぶわけではない。じっくりと選んで「これぞ!」という本だけを買うようにしている。そしてその本を何度も何度も読むようにしている。

だから価格の安さというメリットは俺には大してメリットに映らない。

最期に

電子書籍が普及すればすほど、それにともない駄本も増えていくと予想する。

理由は紙の本よりも出版の手間が掛からないからだ。個人でも簡単に電子書籍を販売できる時代である。今よりも更に駄本だらけになるのは間違いない。

そうなったら本離れが更に加速するのではないだろうか。本を嗜むものとして不安を覚える。