電子書籍全盛時代にあえて紙の本で学習するメリットをまとめてみる

電子書籍

ここ数年、電子書籍のゴリ押しが凄いですね。通販とかでも電子書籍だけメチャクチャ優遇していたりします。価格とかポイントとかでね。

なんか嫌なんですよね。こういうの。まるで電子書籍を使いなさいと強要されているみたいじゃないですか。

ネット上の電子書籍派の意見を見ていると、まるで自分たちは情強だと勘違いしているような意見が多い。

紙の本を使っている人間を猛烈な勢いで見下してくる。

老害だの情弱だの散々な言い様だ。電子書籍だろうが勝手に読めばいいが、いちいち紙の本を使っている人間を見下してくるな。

それに、私から見たら電子書籍派のほうが、よほど情弱であり老害である。

電子書籍派たちの言い分

電子書籍派がよくあげる電子書籍のメリットを紹介する。このメリットにひとつひとつ反論していくとする。

本の場所を取らない

家に置いてある本は何度も読むに耐えうる名著だけ。

数少ない名著の中でも自分に必要な名著となると100冊もあればいいところだ。100冊なんて大した量ではない。だから大して場所なんて食わない。

本を少しでも読む人間なら分かるはずだが、ほとんどの本は駄本である。

置く場所に困るのほどの大量の本を持っている人は自分が駄本コレクターだと言ってるのと一緒である。私は駄本コレクターではない。だから電子書籍は不要なのだ。

ちなみに漫画は漫画喫茶やレンタルして読むから家にはまったく置いてない。

本を持ち運ぶにのに便利

本の持ち運びに苦労なんてしたことがない。

だから、まったくメリットにならない。本の持ち運びに苦労するような人間って、一体どんな本を持ち運んでいるのだろうか。

デカイ大型本を持ち運んでいるのか?

大量の本を持ち運んでるのか?

普通の人は1冊か2冊ほど鞄に入れて持ち運ぶだけだ。これくらい大して負担にならないだろう。

劣化しない

読めなくなるくらい劣化したら新しい本を買えばいいだけ。ボロボロになるくらい何度も読んだ本なら新しく買うのも厭わないはずだ。

そもそも、電子書籍だって読めなくなることがあることを忘れている。ダウンロードできなくなるとまったく読めなくなるのだから、劣化どころの騒ぎじゃない。

価格が安い

たしかに価格は電子書籍のほうが安い。セールをしたり無料配布をしたり、さらには電子書籍読み放題なんてサービスもある。

電子書籍は値引きして売ることができるので、積極的に値引きをしてセールスしているところもあります。

価格の面では電子書籍のほうが間違いなく有利である。

中古なら紙の本でも安いのがあるけど、そこまで安くなるのはかなり時間が立たないと無理だ。新しい本だと中古でも新品並の値段で売られている。

ただし、私は価格の安さで本を選ぶわけではない。じっくりと選んで「これぞ!」という本だけを買うようにしている。そしてその本を何度も何度も読むようにしている。

だから価格の安さというメリットは俺には大してメリットに映らない。

検索が優れている

たしかにこれはメリットである。

「あれってどこに書いてあったかな」という場合でも、電子書籍ならすぐに検索して探し出すことができる。

電子書籍は学習に向いていない理由

使いにくい

本をスキャンしただけの電子書籍は本当に使いにくい。こういう手抜きの電子書籍は多い。これで値段が安いならともかく、一丁前の値段と取るのだから始末に負えない。読ませる気があるのだろうか。

電子書籍化されてない本がまだまだ多い

これは電子書籍を使わない最大の理由でもある。

電子書籍になっているのは一部だけである。紙の本だけの物がたくさんある。これは読書家ならすぐに気づくはずだ。

例えば有名英単語帳の「DUO3.0」や「金のフレーズ」なんかも紙の本だけである。

この状態で電子書籍をゴリ押しされても困る。名著やベストセラーくらいは、すべて発売と同時に電子書籍化するべきだろう。

紙の本で学習するメリット

情報量が多い

紙の本は情報量が多い。どういうことか。

芸術品を思い浮かべてもらえれば分かりやすい。

芸術品を画像で見るのと直接見るのとでは感じる情報量が段違いである。

情報の量の多さは、記憶の定着に繋がる。

絵画展で直接見に行った場合と、ネット検索して画像を見ただけではどっちが記憶に残りやすいだろうか。

書き込みができる

自由に書き込みができる。

電子書籍もメモを残せるが、あくまでもメモである。手書きのように自由に書き込めるわけではない。

紙の本は汚れる

一見、これはデメリットである。

しかし、学習する際においては、これはデメリットだけにはならない。

ボロボロにまで使い込んだら、自己満足や愛着もわく。

これは電子書籍には絶対に無理だろう。

手持ちの紙の参考書を電子書籍化する方法

ところで、自炊というのをご存知ですか?

ご飯を作る自炊のことではないですよ。自分の持っている書籍をデジタル化することです。

なぜ自炊などと妙な造語になっているかと思ったら、元々ネットスラングだったようですね。

自炊代行業がお咎めを受けたり、何かと良い印象がない自炊ですが、自分で購入した本を自炊するぶんには何も問題はありません。

本は紙からデジタルへと少しずつ移行してきていますので、自炊もこれからどんどん一般的になっていくでしょうね。

書籍のデジタル化には様々なメリットがあります。最大のメリットは場所を取らないことと、劣化しないことでしょう。

本って結構場所を取りますよね。しかも意外と重い。それがデジタル化することにより解決します。そして本を読み込んでいくと、どうしても汚れますよね。自炊すると常に取り込んだときの品質で本を読めます。

わざわざ本を持ち歩かなくてもスマホでどこでも本を見ることが出来ます。そしてデジタル化することで検索で簡単に本を探せます。あれ?あの本どこやったけなーってことが無くなります。

自分で自炊をするといっても、何か特別な物が必要なわけでないのですよ。ぶっちゃけ、スマホだけでも出来るといえば出来ます。スマホのカメラで本を1ページ1ページ撮ればいいんですから。

しかし、この作業を何百ページにも渡ってするのは、あまりにも面倒です。それに、スマホのカメラでは綺麗にも撮るのも大変です。

快適に自炊をするには裁断機とスキャナが必要になってきます。裁断機というのは本をバラすための道具です。これを使えば効率よく綺麗に裁断できます。

「カール事務器のディスクカッター」がお勧めです。これは入門にピッタリだと思いますよ。一万円以下で買えますから。

次にスキャナーですが「富士通のScanSnap iX500 FI-IX500」がオススメ。この値段で買えるものとしては使いやすいです。スピードもそれなりに早いです。

少々お値段が張りますが、あまりにも安いものは、やはり使いにくいです。スピードが遅かったり、一枚ずつしかスキャン出来なかったりします。

最期に

個人的に電子書籍は普及すればすほど、駄本も増えていくのはないかと予想する。理由は電子書籍は紙の本よりも出版の手間が掛からないからだ。

個人でも簡単に電子書籍を販売できる時代である。今よりも更に粗製乱造の世界になるのは間違いない。

そうなったら本離れが更に加速するのではないだろうか。本を嗜むものとして不安を覚える。