英語の超基礎から学ぶ!社会人のやり直し英語学習方法

超基礎

今回は英語の基礎を徹底的に学び直したい人向けの記事です。

どんな分野でも基礎を固めることは大事です。特に英語学習はそうです。中学英語が理解できていないと、高校英文法は絶対に理解できません。

英語の基礎となるのは中学英語です。中学英語はすべての英語の土台です。英会話でもTOEICでも英検でも中学英語が分からないと、すぐに壁にぶち当たります。

中学英語からしっかり学び直していきましょう。

しかし、この記事を見ているあなたは、基礎が大事なことをちゃんと分かっているわけです。基礎をバカにしていないあなたは必ず英語が上達するでしょう。

この記事は英語初心者向けの内容となっていますが、楽に上達できる方法を紹介しているわけではないので、そういう裏技的なものを求めてきた人は残念ですが帰って下さい。

英会話の超基礎について

英語の基礎というのは、『時制』『受動態』『不定詞や動名詞』『助動詞』など、いわゆる中学レベルの英文法のことです。

中学生レベルといっても舐めてはいけません。現役大学生でも『三単現のS』などを平気で間違える人が多いのです。しっかり英文法を理解している人は少ないんですよ。

英文法は英文を書いたり読んだりするのにも必要ですし、英会話をするにも必要になってきます。重要な英文法ですが苦手な人がとても多い。

その中でも基礎となるのは英文法と英単語です。

英文法を学ぶメリット

夢を諦める

「ネイティブは文法を考えながら会話をしているわけではないので英文法は必要ない」という人がいます。

これは「我々はネイティブではない」と簡単に一蹴できる浅はかな理屈です。最近はあまり聞かなくなりましたが、今でもたまに聞くことがあります。

この「英文法は必要ない!」という意見ですが、実はこの意見には少しだけ賛成なんですよね。

正確には「英会話に不要な英文法は必要ない」という考えです。

英語を学習する目的が英会話なら必要最低限の英文法を覚えてさっさと実践することが大事です。

受験目的で学習するわけではないのですから、重箱の隅をつつくような知識の詰め込みは必要ありません。

分詞構文や関係代名詞や関係副詞とかそんなものは後から覚えればいいんです。学習したところで英語学習をやり直している段階の人には使いこなせません。

関係代名詞を含んだ英会話をスラスラ言えるならもはや上級者です。英語のプロフェッショナを目指しているわけではないならもう十分なレベルです。

しかし、そんなレベルにいきなり到達できるわけがありませんよね。

他の記事でも書いてますが、英語はしっかりと段階を踏んで学習することが大事です。

日本人は真面目だから自らハードル上げて挫折してしまう人が多いように思います。いわゆる完璧主義ってやつです。

英文法を完璧にしないと英会話を始めてはいけないと思っている人が多い。

それに英文法が嫌いな人も多い。なぜ英文法嫌いが多いのかというと、英文法を覚えるメリットが分かりにくいからでしょう。

英文法を理解することで、どんなメリットがあるのかをまとめてみます。

1. 単語を正しく理解することができる

品詞によって意味が変わる英単語は多いです。例えば英単語の『like』は動詞と前置詞ではまるで意味が変わってきますよね。

英文法が分かってないと、この程度の単語すら、正しく理解できないことになるのです。英単語だけ分かっても読めないのはこういうことなのです。

2. 長文を理解できる

日常会話や簡単な短い文なら英文法を知らなくてもなんとかなるかもしれません。しかし、ひとつの文が長くなってくる場合、英文法がわからないと訳すことは出来なくなってきます。

英文法が理解できてないと文章を塊で捉えることができないので、文が長くなればなるほど、理解できなくなってきます。

3. 自力で間違いに気づくことができる

英文法をしっかり理解できていれば自力で間違いに気づくことができます。英会話を独学していく場合、自分ので間違いに気づく能力は必須です。そして英文法を理解できてないと駄目だしされてもどうしてダメなのか理解できないままです。


基本的な英文法の学び方

では具体的に英文法はどこまで覚えればいいのか。

長年英語から離れていた人の場合、英文法をほとんど忘れている可能性があるので中学英文法を復習しましょう。

まずは中学2年生レベルの英文法を理解できれば充分です。そのかわりしっかりと理解することが大切です。なんとかく分かるレベルではダメです。完全に理解しましょう。

特に不定詞が重要です。不定詞をしっかり理解できれば品詞と文の要素の働きをしっかり理解していることになるので重点的に学習しましょう。

品詞と文の要素を理解することは英文法では非常に重要です。品詞と文の要素をしっかり抑えておけばどんな新しい英文法もすぐに覚えられるはずです。

英文法なんて言ってしまえば品詞の働きを勉強しているだけですからね。英文法なんて恐れるに足りませんよ。

中学2年生レベルの英文法でも英会話で使いこなすのはなかなか大変です。知っているのと使いこなすのとでは全然次元が違います。

中学2年生レベルの英文法を使いこなせないのに、これらの応用の中学3年生レベルの英文法が使えるわけがありません。ましてや高校英文法なんて絶対に無理です。

中学英文法の参考書などを読んで学習するのもいいですが、英会話に特化した英文法を学びたいなら、やはりそれに特化した教材で勉強するのが早いです。

完璧主義にならないこと

ここまで散々「基礎は大事!」とは言ってきましたが、完璧に理解する必要はありません。

たとえば、『3単元のS』は中学生で習う英語の基礎ですが、なぜ三単現の動詞だけにSが付くのかを完全に理解しようとすると、途端に難しくなります。

英語をしっかり理解している人間なら、すぐに分かるかもしれませんが、英語の基礎を学び直している段階の人間にはやっぱり難しい。

この調子で、すべてを理屈で完全に理解しようとしていくと、英文法を学ぶだけで恐ろしく大変になってきます。

これは自分が経験したから分かります。

大人になると理屈っぽくなるので、どうしても頭で理解したくなる。完全に理解しようとすると、難しいのでなかなか進まなくなる。そのため何度か英語学習を挫折したことがあるんです。

だから、あまり完璧主義にならないこと。

少しくらい腑に落ちないところがあっても、「こういうものだ」と思って、どんどん学習を進めていきましょう。学習を続けていけば、自然と理解できるようになりますので、安心してください。

超基礎を学びたい人へオススメの参考書

『Mr.Evineのアルファベットから英語の基礎をなんとかするドリル』

Evine

  • 出版:アルク
  • 出版日:2010年10月29日
  • 著者:Evine
  • ジャンル:中学英語
  • 音声:CD付属
  • 215ページ

本当に超初心者の場合、こちらの参考書をオススメします。

アルファベットの書き方から丁寧に解説してくれています。中学1年生レベルの内容を丁寧に教えてくれるので、わからないということはないと思います。

問題も豊富に用意されているので、それを解きながら進みましょう。問題の解説も詳しいので独学でも身につきやすいです。CDも付属されているので発音の確認もできます。

しかし、よほど英語が苦手な人でないかぎり、このドリルは飛ばしても問題ないと思います。

Mr. Evine の中学英文法を修了するドリル

中学英語

上記の「英語の基礎をなんとかするドリル」を終わらせたらコレをやりましょう。このドリルから中学英語を本格的に学んでいきます。

【Mr.Evineの中学英文法を修了するドリル】

  • 著者:Evine
  • 発行:アルク
  • ジャンル:中学英文法
  • ターゲット:英語をやり直したい社会人
  • 定価:1,700円(税別)

Mr.Evineシリーズは英語をやり直したい社会人に評判のいい参考書です。

その中でも特に評判がいいのは、今から紹介する「Mr.Evineの中学英文法を修了するドリル」だ。ネット上では青海老とも呼ばれたりする。

これは中学生レベルの英文法をドリル式で学ぶことができるドリル一体型の参考書だ。

「Mr.Evineの中学英文法を修了するドリル」は大きく分けて5つのパートに分かれている。

  1. 全学年共通レベル
  2. 中学1年レベル
  3. 中学1・2レベル
  4. 中学2年レベル
  5. 中学3年レベル

最初の全学年共通レベルでは5文型について学ぶことができる。超基礎レベルの中学1年レベルよりも先に5文型について教えているのは面白い。

文法用語をあえて最初から使っていくことで英文法に慣れされたいのだろう。

レッスンごとにインプットステージとアウトプットステージが用意されており、効率よく英文法を学んでいくことができる。

解答集が別冊で用意されているが、これは解答だけではなく説明も充実しているので独学で困ることはない。

社会人に評判のいい参考書と最初に書いたが、勉強をすること自体が苦手な人にはこの教材は辛いかもしれない。

文法用語もよく出てきて頭が痛くなってくるし、机に向かってひたすら問題を解いていく、いわゆる硬派な学習法だから途中で眠くなってくる。

だから、勉強が苦手な人はもっと簡単な参考書に浮気しそうになると思う。気持ちは分かる。だって私がそうだったから。

しかし、本気で英語を学習したいなら、なんとしてでもこれをやりとげなさい。途中で違う参考書をやるのは遠回りになって労力の無駄になる。これは私が身を持って経験していることだ。

巷にはもっと親切で丁寧で簡単な参考書があるが、そういうのをやってもあまり力にならない。問題が簡単すぎたり、内容もかなり省かれている。簡単に学べるものは簡単な知識しか手に入らないのだ。

本気で英文法を学んでいくつもりなら「中学英文法を修了するドリル」のような硬派な学習は避けて通れない。

Mr.Evineの中学英文法を修了するドリルの使い方

まずはレッスンの通読だ。通読をしたら今度は精読をしよう。分からない単語があったら精読しながら辞書で調べよう。

次に用意されている問題を解く。問題を解いたら、答え合わせをする前に辞書を使って確認してみよう。

そして最後に答え合わせだ。間違えたところの解説を読むのはもちろん、正解だった部分の解説もしっかり読むと力になる。

これをレッスン毎に繰り返していくわけだ。最後まで終わっても完璧に理解できるまで繰り返し学習していく。そうすれば中学英文法はしっかり理解できるだろう。

わからない部分は飛ばしていい。まずは一通り最後までやり遂げよう。そしてまた最初からするのだ。何度も何度もこの本を周回させましょう。何度も繰り返していくうちに理解できてくる。

Mr.Evineの中学英文法を修了するドリル2

中学英語2

上記のドリルの続編です。やる気のある人はチャレンジしてみましょう。

中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。

英文法

  • 出版:学研
  • ジャンル:中学英文法
  • 音声:CD2枚付属
  • 発売日:2011年4月13日
  • ボリューム:327ページ

上記のMr.Evineの本が合わない人はコチラで学習しましょう。

この本は発売中のシリーズを一冊にまとめた本です。どちらを買えばいいか迷った場合はこちらを買えばいいでしょう。こちらでも問題なく学習できます。

非常に分かりやすい説明と可愛らしいイラストのおかげで英文法特有の堅苦しさもありません。CDも付属しているので発音も確認できます。

この参考書をやり込めば英文法アレルギーは解消されるでしょう。

この参考書の使い方を簡単に説明します。

  1. 英文法を学習
  2. 学習した内容を練習
  3. 付属のCDで音読
  4. 復習テスト
  5. 付属のCDで音読

たとえばbe動詞の学習はこんな感じで進みます。

  1. be動詞の説明
  2. be動詞を使った基本練習
  3. 基本練習をCDで音読
  4. 復習
  5. 復習の回答をCDで音読

一見、面倒くさそうかもしれませんが、内容は本当に簡単なのでサクサク進みますよ。

この本を終えたら、同社の「高校英文法をひとつひとつわかりやすく。」に進みましょう。コンセプトが同じなので学習しやすいはずです。

例文で覚える中学英単語・熟語1800

中学英単語
【例文で覚える中学英単語・熟語1800】

  • ジャンル:英単語帳
  • ターゲット:中学生・英語が苦手な人
  • 発行:学研教育出版
  • 音声:CD2枚付属
  • 単語数:見出し語と関連語句で1800語以上
  • 定価:1,500円(税別)

例文で覚える中学英単語・熟語1800のレビュー

例文で覚える中学英単語というタイトルで分かる通り、これは例文式の英単語帳だ。さしずめ中学版のDUOである。

中学英単語を学習したい人はこれを選ぶしかないくらいによく出来ている。

この単語帳は5つのレベルで分かれており、とても学習しやすい。

中1レベルのレベル1からスタートして徐々に難しくなっていく。

超基礎レベルの英単語ばかりなのですべてを完璧に暗記するべきである。

完璧に暗記するといっても、日本人としてすでに知っている単語もかなりあるので、そんなに難しくないはずだ。

音声について

音声がどんな感じなのか気になる人もいるだろう。音声はこんな感じで流れていく。

To reduce air pollution  大気汚染を減らすために

we should use bikes instead of cars when we travel short distances. 私たちは短い距離を移動するときは、車の代わりに自動車を使うべきだ。

To reduce air pollution, we should use bikes instead of cars when we travel short distances.

こんな感じで、日本語が結構挟まれているので少しまどろっこしい。音声は英語のみにしてくれば復習の時間がもっと短縮されると思う。

他は文句無しだけどこの音声だけは少しだけ残念である。

例文で覚える中学英単語・熟語1800の使い方

この英単語帳の使い方は何度も復習あるのみだ。

「本を見て、CDを聞いて、それを口に出して真似る」

これを何度も繰り返すだけである。

レベルごとに分かれているので最初は同じレベルを何度も繰り返すのがいいかもしれない。

レベル1ならレベル1だけを何度も繰り返すのだ。

同じレベルを何度か繰り返して、ある程度の単語を覚えたら、最後に全体を通して復習をして仕上げる。

こうすれば初めて英単語帳で学習する人も負担は少ないと思われる。

最後に

最後にもう一度言うが、この本に乗っている英単語はどれも超基礎的な英単語である。

これから英語を学習していくにあたり、これくらいは知っておかないと話にならない。

この本を使ってぜひ完璧に仕上げて欲しい。
中学英単語を覚えたいならこれが一番です。中学英単語はしっかりと網羅されていますし、値段も安くて、レイアウトも悪くない。

紹介しておいてなんですけど、基本的に私は英単語帳が苦手なんですよね。それでも、この英単語帳は終わらせることが出来ました。

中学英単語くらいは英単語帳を使って、サクッと終わらせておくのをオススメします。最低限、中学英単語くらいは覚えておかないと、今後の英語学習の効率が悪くなります。

次のステップはこれ!

これらの書籍で英文法の基礎を学んであとは瞬間英作文をやりましょう。瞬間英作文とは簡単な英文を瞬間的に作るトレーニングのことです。このトレーニングを行うことで、ただの知識から使える知識になるわけです。

他の勉強をしたくなるかもしれませんが、慌てないでください。基礎がしっかり身についてからでも遅くはありません。急がば回れです。英語の基礎が身についていないのに次のステップの勉強をしたところで、身に付くものも身につきません。

瞬間英作文のトレーニングを終えたらあとは自分の好きな学習をしていけばいいと思います。

例えば、

  • 英会話を学びたいなら英会話スクールなどで練習
  • 英語のニュースを理解したいならニュースによく使われる英単語を学習していく
  • TOEICで高得点を目指すなら公式問題集をやり込む

このように学習していくと漠然と英語学習を続けているよりは挫折は少ないはずです。

お互い英語学習を頑張っていきましょう!

最後に

英語の基礎を学ぶ方法をまとめてみましたがいかかでしたか?

この記事に書いてあることをまずはしっかりやり込めば基礎英語は身についているはずです。

メリットが分かれば英文法を勉強する意欲も湧いてくると思います。

しかし、いつまでもルールばかり勉強していても仕方ありません。やはり英会話は実践していかないと身につきません。

ルールは大事。でも実践はもっと大事なのです。

英会話は慣れの部分が大きいです。最初は英会話は恥ずかしいと言っていた人も続けていくうちに堂々と話せるようになるものです。

基礎的な英文法を覚えたら英会話スクールなどを利用して英会話しましょう。生まれた国や文化の違う人たちと会話をするのはとても楽しいですよ!