中学英語の超基礎から学びたい人へオススメの参考書

超基礎

今回は英語の基礎を徹底的に学び直したい人向けの記事です。英語の基礎となるのは中学英語です。中学英語はすべての英語の土台です。英会話でもTOEICでも英検でも中学英語が分からないと、すぐに壁にぶち当たります。

しかし、この記事を見ているあなたは、基礎が大事なことをちゃんと分かっているわけです。基礎を蔑ろにしないあなたは必ず英語が上達するでしょう。

この記事は英語初心者向けの内容となっていますが、楽に上達できる方法を紹介しているわけではないので、そういう裏技的なものを求めてきた人は残念ですが帰って下さい。

英会話の超基礎について

英語の基礎というのは、『時制』『受動態』『不定詞や動名詞』『助動詞』など、いわゆる中学レベルの英文法のことです。

中学生レベルといっても舐めてはいけません。現役大学生でも『三単現のS』などを平気で間違える人が多いのです。しっかり英文法を理解している人は少ないんですよ。

英文法は英文を書いたり読んだりするのにも必要ですし、英会話をするにも必要になってきます。重要な英文法ですが苦手な人がとても多い。

その中でも基礎となるのは英文法と英単語です。

夢を諦める

英文法を学ぶメリット

「ネイティブは文法を考えながら英会話をしているわけではないので英文法は必要ない」という理屈を聞いたことがあるでしょうか。

「我々はネイティブではない」と簡単に一蹴できる浅はかな理論です。最近はあまり聞かなくなりましたが、今でもたまに聞くことがあります。

この「英会話に英文法は必要ない!」という意見ですが、実はこの意見には少しだけ賛成なんですよね。

正確には「英会話に不要な英文法は必要ない」という考えです。

英語を学習する目的が英会話なら必要最低限の英文法を覚えてさっさと実践することが大事です。

受験目的で学習するわけではないのですから、重箱の隅をつつくような知識の詰め込みは必要ありません。

分詞構文や関係代名詞や関係副詞とかそんなものは後から覚えればいいんです。学習したところで英語学習をやり直している段階の人には使いこなせません。

関係代名詞を含んだ英会話をスラスラ言えるならもはや上級者です。英語のプロフェッショナを目指しているわけではないならもう十分なレベルです。

しかし、そんなレベルにいきなり到達できるわけがありませんよね。

他の記事でも書いてますが、英語はしっかりと段階を踏んで学習することが大事です。

日本人は真面目だから自らハードル上げて挫折してしまう人が多いように思います。いわゆる完璧主義ってやつです。

英文法を完璧にしないと英会話を始めてはいけないと思っている人が多い。

それに英文法が嫌いな人も多い。なぜ英文法嫌いが多いのかというと、英文法を覚えるメリットが分かりにくいからでしょう。

英文法を理解することで、どんなメリットがあるのかをまとめてみます。

1. 単語を正しく訳することができる

品詞によって意味が変わる英単語は多いです。例えば英単語の『like』は動詞と前置詞では意味が変わってきますよね。英文法を理解すればこれらの英単語を正しく理解できるようになります。

2. 長文を理解できる

日常会話や簡単な短い文なら英文法を知らなくてもなんとかなるかもしれません。しかし、ひとつの文が長くなってくる場合、英文法がわからないと訳すことは出来なくなってきます。

英文法が理解できてないと文章を塊で捉えることができないので、文が長くなればなるほど、理解できなくなってきます。

3. 自力で間違いに気づくことができる

英文法をしっかり理解できていれば自力で間違いに気づくことができます。英会話を独学していく場合、自分ので間違いに気づく能力は必須です。そして英文法を理解できてないと駄目だしされてもどうしてダメなのか理解できないままです。

基本的な英文法の学び方

では具体的に英文法はどこまで覚えればいいのか。

長年英語から離れていた人の場合、英文法をほとんど忘れている可能性があるので中学英文法を復習しましょう。

まずは中学2年生レベルの英文法を理解できれば充分です。そのかわりしっかりと理解することが大切です。なんとかく分かるレベルではダメです。完全に理解しましょう。

特に不定詞が重要です。不定詞をしっかり理解できれば品詞と文の要素の働きをしっかり理解していることになるので重点的に学習しましょう。

品詞と文の要素を理解することは英文法では非常に重要です。品詞と文の要素をしっかり抑えておけばどんな新しい英文法もすぐに覚えられるはずです。

英文法なんて言ってしまえば品詞の働きを勉強しているだけですからね。英文法なんて恐れるに足りませんよ。

中学2年生レベルの英文法でも英会話で使いこなすのはなかなか大変です。知っているのと使いこなすのとでは全然次元が違います。

中学2年生レベルの英文法を使いこなせないのに、これらの応用の中学3年生レベルの英文法が使えるわけがありません。ましてや高校英文法なんて絶対に無理です。

中学英文法の参考書などを読んで学習するのもいいですが、英会話に特化した英文法を学びたいなら、やはりそれに特化した教材で勉強するのが早いです。

英会話の基礎を学ぶ重要性

基礎の重要性は私が言うまでもなく理解できている人が多いと思いますが念のため説明しておきます。英会話に限らずどんなものでも基礎は大切です。私は10年以上サッカーをしていますが、やはり基礎練習は特に力を入れて行っていました。

基礎とは英語の「核」となるものです。核がしっかりしてないと理解するのに時間がかかったり、すぐに成長も頭打ちになってしまいます。特に英語は積み重ねが必要なので基礎が非常に重要になってきます。ですから初心者のうちにしっかりと基礎を学んでおきましょう。

英会話の勉強方法

それでは初心者向け英会話学習方法を説明していきます。

まずは基礎英語をしっかり理解しましょう。ここでいう基礎英語とは中学英語のことです。中学英文法と中学英単語をしっかりと覚えて下さい。

中学英語は今後の英語学習の核となるものなので絶対に避けては通れません。高校英語はすべて中学レベルの発展なので中学レベルをしっかり理解できていないと絶対に理解できません。

それに英会話で使われている英文法は中学英語が中心ですので、中学英文法を学ぶ意義は非常に大きいです。

大事なことなのでもう一度言います。中学英語をしっかり理解してください。

中学英語をしっかり理解できたら、次はスピーキングの実践です。つまり英会話です。英会話はオンライン英会話スクールを利用しましょう。大抵のオンライン英会話は25分からレッスンを受けることが出来ますが、正直なところ25分では少なすぎます。

最低でも100分間の訓練が必要です。100分といっても1時間40分です。この程度の学習の時間も取れないなら英語学習は諦めたほうがいいです。これは意地悪で言ってるわけではなく、英語の上級者たちは毎日3時間以上英語に触れている人ばかりです。1日数十分の英語学習だけで上級者になれる人は天才ですよ。

どんなジャンルでも上級者になるには最低でも1万時間は必要だと言われています。もし毎日3時間勉強するとしたら約10年必要になるわけです。しかし、これはプロレベルの上級者の話なので、それなりに会話ができる中級者レベルなら5年くらいの学習でいけるはずです。

ここまでの話でわかったと思いますが、語学をマスターするのは容易ではありません。もし簡単に上達できるなら誰でも英語ペラペラですよね。テンション下がるような話をしてしまいましたが、英語学習は時間が掛かるものだと思ってスタートすれば挫折しにくいはずです。

超基礎を学びたい人へオススメの参考書

『Mr.Evineのアルファベットから英語の基礎をなんとかするドリル』

Evine

  • 出版:アルク
  • 出版日:2010年10月29日
  • 著者:Evine
  • ジャンル:中学英語
  • 音声:CD付属
  • 215ページ

本当に超初心者の場合、こちらの参考書をオススメします。

アルファベットの書き方から丁寧に解説してくれています。中学1年生レベルの内容を丁寧に教えてくれるので、わからないということはないと思います。

問題も豊富に用意されているので、それを解きながら進みましょう。問題の解説も詳しいので独学でも身につきやすいです。CDも付属されているので発音の確認もできます。

中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。

英文法

【中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。】
  • 出版:学研
  • ジャンル:中学英文法
  • 音声:CD2枚付属
  • 発売日:2011年4月13日
  • ボリューム:327ページ

この本は発売中のシリーズを一冊にまとめた本です。どちらを買えばいいか迷った場合はこちらを買えばいいでしょう。こちらでも問題なく学習できます。

非常に分かりやすい説明と可愛らしいイラストのおかげで英文法特有の堅苦しさもありません。CDも付属しているので発音も確認できます。

この参考書をやり込めば英文法アレルギーは解消されるでしょう。

この参考書の使い方を簡単に説明します。

  1. 英文法を学習
  2. 学習した内容を練習
  3. 付属のCDで音読
  4. 復習テスト
  5. 付属のCDで音読

たとえばbe動詞の学習はこんな感じで進みます。

  1. be動詞の説明
  2. be動詞を使った基本練習
  3. 基本練習をCDで音読
  4. 復習
  5. 復習の回答をCDで音読

一見、面倒くさそうかもしれませんが、内容は本当に簡単なのでサクサク進みますよ。

この本を終えたら、同社の「高校英文法をひとつひとつわかりやすく。」に進みましょう。コンセプトは同じなので学習しやすいはずです。

例文で学ぶ中学英単語

中学英単語を覚えたいならこれが一番です。中学英単語はしっかりと網羅されていますし、値段も安くて、レイアウトも悪くない。

紹介しておいてなんですけど、私は英単語帳が苦手なんですよね。

しかし、中学英単語くらいは英単語帳を使って、サクッと終わらせておくのをオススメします。最低限、中学英単語くらいは覚えておかないと、今後の英語学習の効率が悪くなります。

次のステップはこれ!

これらの書籍で英文法の基礎を学んであとは瞬間英作文をやりましょう。瞬間英作文とは簡単な英文を瞬間的に作るトレーニングのことです。このトレーニングを行うことで、ただの知識から使える知識になるわけです。

他の勉強をしたくなるかもしれませんが、慌てないでください。基礎がしっかり身についてからでも遅くはありません。急がば回れです。英語の基礎が身についていないのに次のステップの勉強をしたところで、身に付くものも身につきません。

瞬間英作文のトレーニングを終えたらあとは自分の好きな学習をしていけばいいと思います。

例えば、

  • 英会話を学びたいなら英会話スクールなどで練習
  • 英語のニュースを理解したいならニュースによく使われる英単語を学習していく
  • TOEICで高得点を目指すなら公式問題集をやり込む

このように学習していくと漠然と英語学習を続けているよりは挫折は少ないはずです。

お互い英語学習を頑張っていきましょう!

最後に

初心者がいつまでも独学を続けるのは危険です。独学自体を否定しているのではありませんよ。定期的に自分の英語を上手な人に見てもらう機会を作ったほうが絶対にいいです。

知らぬ間に変なクセが付いていたり、間違った英語を使っている可能性が高いからです。そういった意味でも英会話スクールを利用する機会を作るのは有意義なはずです。

学習方法を説明してきましたが、特別変わったことは説明してませんよね。非常に王道的な内容です。しかし、王道だからこそ確実に上達ができるはずです。頑張って学習していきましょう。

まとめ

英文法の重要性をまとめてみましたがいかかでしたか?

英文法のメリットが分かれば英文法を勉強する意欲も湧いてくると思います。

しかし、いつまでもルールばかり勉強していても仕方ありません。やはり英会話は実践していかないと身につきません。

ルールは大事。でも実践はもっと大事なのです。

英会話は慣れの部分が大きいです。最初は英会話は恥ずかしいと言っていた人も続けていくうちに堂々と話せるようになるものです。

基礎的な英文法を覚えたら英会話スクールなどを利用して英会話しましょう。生まれた国や文化の違う人たちと会話をするのはとても楽しいですよ!