目標を宣言すると成功するは嘘?目標を宣言する3つのリスク

あなたには叶えたい夢や目標がありますか?

夢や目標を達成したいなら、その目標を誰かに宣言しなさいと自己啓発系の本でよく見かけます。宣言をして自分を追い込むわけですね。

しかし、人によっては宣言したのが逆効果になる場合もあります。

今回はそれについて説明していきたいと思います。

目標を宣言する3つリスク

宣言だけで満足してしまう

宣言しただけで、目標を達成した気分になって満足してしまい、行動に移さなくなるのです。

中には宣言しておいて、その目標について触れると「どうでもいいでしょ!」と逆ギレする人もいます。お前は一体なんのために宣言したのかと疑問に思うレベル。

そもそも、目標をしっかり達成する人は、他人に宣言しようがしまいが達成します。宣言しないと目標達成できないなんて甘え以外の何物でもありません。

ドリームキラーの存在

目標を宣言することはリスクもあります。

いわゆる、ドリームキラーの存在です。ドリームキラーとは、「お前には無理だろ」などのネガティブな意見を言ってくる輩のことです。

素直に応援してくれる人間ばかりじゃないのですよ。特に身内とか親しい知人になるとね。

モチベを上げるために目標を宣言しているのに、ドリームキラーによってモチベを下げられたら、一体なんのために宣言しているのか分かりませんよね。

質の悪いのことに、彼らにはドリームキラーの自覚はないということ。あくまでも、あなたのためになると思って言っている。

最初から目標なんて言わなければ、ドリームキラーのターゲットにならない。

嫉妬

目標を宣言してそれを達成した場合、嫉妬されて攻撃される可能性もある。

あなたの周りに素晴らしい人間しかいないのであれば、大丈夫かもしれませんが、

一見、協力的だった人が実は嫉妬心の塊だったという話は珍しいことではありません。誰がいつ悪魔に化けるかなんて分かりませんよ。

最期に

最期にまとめます。

宣言して満足してしまう

一番大切なのは目標の計画を上手に建てられる人よりも行動を起こすほうが成功する確率が高いという調査結果が出ています。