リベラルアーツを学びたいなら英語は必須

リベラルアーツという言葉を聞くようになって久しい。リベラルアーツを日本人にも分かりやすくいうと「自己啓発」だ。人生を豊かにするために本当に使える知識を学ぶことだ。

しかし、これは一般科目を十分に理解している人たちが行うもの。いわばエリート向けの学問である。

リベラルアーツとは総合力を鍛えるようなものなので、普通の科目を理解してないとただの意識高い系の人間で終わってしまう。知識はあってもリベラルアーツがなければ自分で考える力のない能無しだ。

リベラルアーツはどんな分野に行っても役に立つ人生の土台のようなものだ。

しかし、普通の人はリベラルアーツになんて注目はしない。というより、余裕がないというべきか。ボクを含めた一般人は一般科目の知識を詰め込むのに精一杯でリベラルアーツを学ぶなんて余裕はないからだ。

世界中の富裕層たちはリベラルアーツに力を入れている。リベラルアーツを扱っている大学も名門が多い。リベラルアーツカレッジは日本にも増えてきているが、日本のリベラルアーツカレッジも名門ばかり。

海外の大学だろうが日本の大学だろうが、リベラルアーツカレッジはエリートが入るものなのだ。リベラルアーツを学びたいなら英語が苦手だと話にならない。

リベラルアーツカレッジを目指すなら英語は必須だ。ちゃんと使える英語を学んで欲しい。

DMM英会話
英会話