早朝学習のススメ。ゴールデンタイムに英語学習を取り入れて効率アップ

早朝学習

早起きは三文の徳と昔からよく言われています。早朝は勉強するのにピッタリで脳のゴールデンタイムと呼ばれている時間帯です。もちろん英語の学習でもそれは同じです。

朝は忙しい人は多いかも知れませんが、早起きをして時間を作ってでも早朝学習を取り入れてみましょう。

すべての学習者に早朝学習はオススメできますが、特に社会人にとってメリットが大きいです。早朝学習のメリットについて説明してきます。

早朝学習のメリット

静かで邪魔も入りにくい

早朝は静かなので学習に集中ができます。家族から何か雑用を頼まれることも少ないですし学習に専念できます。

雑念が少ない

寝起きは脳がリセットされている状態なので雑念が少なく学習に集中しやすいです。夜学習しようとするとその日あった嫌なことを思い出したりして学習の妨げになることがあります。

適度な空腹状態

朝の適度な空腹状態が学習を捗らせます。これは極端な例ですが満腹状態と適度な空腹状態とでは空腹状態のほうが集中できます。早朝学習は朝ごはんの前がベストです。

疲労が少ない

会社から帰宅後に毎日勉強するのはなかなかシンドイです。その点、早朝学習は疲労も抜けていることが多いので学習しやすい。

気持よく仕事ができる

早朝学習をすることで脳が活性化されます。脳が活性化された状態で仕事を始めることができます。朝から生き生きと働くあなたをみて周りの評価も変わるかもしれません。

早朝学習の方法

早朝学習のメリットを紹介してきましたが、いいことばかりではありません。当たり前ですが早起きする必要があることです。人によっては早起きは辛いかもしれませんので早朝学習は人を選ぶかもしれません。

早朝学習をする場合は前日の夜は早めに就寝しましょう。睡眠時間を削って早朝学習するのはオススメしません。

朝起きたらまずは朝日を浴びましょう。朝日を浴びると脳や体が覚醒されやすいので学習に入りやすいです。季節や時間次第では朝日がでていない場合がありますが、朝日が出ているときは積極的に浴びるようにしましょう。

英語学習に早朝学習を取り入れて効率よく学習していきましょう。